『怠け者のためのパソコンセキュリティ』目次

戦うより守るが勝ちの対策術
『怠け者のためのパソコンセキュリティ』
著者:岩谷 宏(いわたにひろし)
定価:945円(税込み) ISBN:978-4-7973-4126-3
■ご購入はこちら(※書店での発売は16日以降となります)
SBCr shop  アマゾン  楽天ブックス  7&Y

<目次>
第1章 パソコンとセキュリティの関係
 第1節 なぜパソコンにはセキュリティというめんどうな課題があるのか?
  1.パソコンは汎用機である
  2.ソフトを完全には管理できない
  3.親切なOSが裏目に
  4.パソコンも事故や災害に遭う
  5.パソコンは犯罪のターゲットになりやすい
  6.情報は目に見えない
 第2節 パソコンの急所はどことどこ?
  1.食べて・消化して・出す
  2.人間は“入力”を担当する
  3.記憶装置
  4.ネットワークの考え方
 第3節 セキュリティの基本要素
  1.破壊と盗難・流出
  2.破壊への対策
  3.盗難や流出
  4.ソフトそのものの欠陥
  5.ケータイはパソコンよりも安全か?
 まとめ

第2章 突然の危機からたいせつなデータを守る
 第1節 バックアップの考え方
  1.バックアップにできること・できないこと
  2.バックアップする周期と場所
  3.バックアップ方法に対する考え方
 第2節 メールとアドレス帳のバックアップ
  1.アドレス帳
  2.メールのアカウント(口座)設定
  3.メールの本文
 第3節 そのほかの重要データのバックアップとリストア
  1.“お気に入り”や“ブックマーク”
  2.ケータイのデータ
  3.データベースのバックアップ
  4.データの圧縮保存・解凍方法
 第4節 上手なバックアップ
  1.シンプルなフォルダ構造を心がける
  2.ネットワーク上の互換性
  3.バージョニング
  4.安全なリストア
 まとめ

第3章 インターネットとのつきあい方
 第1節 オープンでグローバルなネットワークとは?
  1.「オープン」の2重の意味
  2.通信の参加範囲もグローバル
  3.ネットワークはヒエラルキーを解毒する
  4.おもなインターネットアプリケーション
 第2節 インターネットの欠点
  1.インターネットの起源と構造
  2.楽観的でお人好しな基盤技術
 第3節 インターネット犯罪のカタログ
  1.悪質なプログラム
  2.ネットワーク詐欺
 第4節 インターネットハイウェイの無事故運転
  1.パスワードの管理
  2.迷惑メール対策
  3.パソコンの健康管理
 第5節 インターネットでパソコンを使うために覚えておくこと
  1.インターネットの前と後
  2.お気楽インターネット生活

SIS-016.jpg

前の記事|『怠け者のためのパソコンセキュリティ』概要
次の記事|『理工系の“ひらめき”を鍛える』概要

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sciencei.sbcr.jp/mt/mt-tb.cgi/106

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)