sciencei.jpg

2013年11~12月新刊

2013年12月新刊
■サイエンス・アイ新書

SIS294s.jpg SIS295s.jpg

SIS294s.jpg

図解・ベイズ統計「超」入門

温泉の科学

マンガでわかる若返りの科学

2013年11月新刊
■サイエンス・アイ新書

SIS292s.jpg SIS293s.jpg

Si新書既刊201~

SIS291s.jpg

SIS289s.jpg SIS290s.jpg

SIS287s.jpg SIS288s.jpg

SIS285s.jpg SIS286s.jpg

SIS283s.jpg SIS284s.jpg

SIS281s.jpg SIS282s.jpg

SIS280s.jpg SIS279s.jpg

SIS278s.jpg SIS277s.jpg

SIS276s.jpg SIS275s.jpg

SIS274s.jpg SIS273s.jpg

SIS272s.jpg SIS271s.jpg

SIS270s.jpg SIS269s.jpg

SIS268s.jpg SIS267s.jpg

SIS266s.jpg SIS265s.jpg

SIS264s.jpg SIS263s.jpg

SIS262s.jpg SIS261s.jpg

SIS260s.jpg SIS259s.jpg

SIS258s.jpg SIS257s.jpg

SIS256s.jpg SIS255s.jpg

SIS254s.jpg SIS253s.jpg

SIS252s.jpg SIS251s.jpg

SIS250s.jpg SIS249s.jpg

SIS248s.jpg SIS247s.jpg

SIS246s.jpg SIS245s.jpg

SIS244s.jpg SIS243s.jpg

SIS242s.jpg SIS241s.jpg

SIS240s.jpg SIS239s.jpg

SIS238s.jpg SIS237s.jpg

SIS236s.jpg SIS235s.jpg

SIS234s.jpg SIS233s.jpg

SIS232s.jpg SIS231s.jpg

SIS230s.jpg SIS229s.jpg

SIS228s.jpg SIS227s.jpg

SIS226s.jpg SIS225s.jpg

SIS224s.jpg SIS223s.jpg

SIS222s.jpg SIS221s.jpg

SIS220s.jpg SIS219s.jpg

SIS218s.jpg SIS217s.jpg

SIS216s.jpg SIS215s.jpg

SIS214s.jpg SIS213s.jpg

SIS212s.jpg sis211s.jpg

SIS210s.jpg sis209s.jpg

sis208s.jpg sis207s.jpg

sis206s.jpg sis205s.jpg

sis204s.jpg sis203s.jpg

sis202s.jpg sis201s.jpg

Si新書既刊101~200

sis200s.jpg sis199s.jpg

sis198s.jpg sis197s.jpg

sis196s.jpg sis195s.jpg

sis194s.jpg sis193s.jpg

sis192s.jpg sis191s.jpg

sis190s.jpg sis189s.jpg

sis188s.jpg sis187s.jpg

sis186s.jpg sis185s.jpg

sis184s.jpg sis183s.jpg

sis182s.jpg sis181s.jpg

sis180s.jpg sis179s.jpg

sis178s.jpg sis177s.jpg

sis176s.jpg sis175s.jpg

sis174s.jpg sis173s.jpg

sis172s.jpg sis171s.jpg

sis170s.jpg sis169s.jpg

sis168s.jpg sis167s.jpg

sis166s.jpg sis165s.jpg

sis164s.jpg sis163s.jpg

sis162s.jpg sis161s.jpg

sis160s.jpg sis159s.jpg

sis158s.jpg sis157s.jpg

sis156s.jpg sis155s.jpg

sis154s.jpg sis153s.jpg

sis152s.jpg sis151s.jpg

sis150s.jpg sis149s.jpg

sis148s.jpg sis147s.jpg

sis146s.jpg sis145s.jpg

sis144s.jpg sis143s.jpg

sis142s.jpg sis141s.jpg

sis140s.jpg sis139s.jpg

sis138s.jpg sis137s.jpg

sis136s.jpg sis135s.jpg

sis134s.jpg sis133s.jpg

sis132s.jpg sis131s.jpg

sis130s.jpg sis129s.jpg

sis128s.jpg sis127s.jpg

sis126s.jpg sis125s.jpg

sis124s.jpg sis123s.jpg

sis122s.jpg sis121s.jpg

sis0120s.jpg sis0119s.jpg

sis0118s.jpg sis0117s.jpg

sis0116s.jpg sis0115s.jpg

sis114s.jpg sis113s.jpg

sis112s.jpg sis111s.jpg

sis110s.jpg sis109s.jpg

sis108s.jpg sis107s.jpg

sis106s.jpg sis105s.jpg

sis104s.jpg sis103s.jpg

sis102s.jpg sis101s.jpg

2007年3月 の記事

2007年3月28日

Si新書『最新Webテクノロジー』
電脳事務 著 概要

SIS001.jpg

Web2.0時代に欠かせないIT知識が身につく
Si新書『最新Webテクノロジー』
著者:電脳事務(でんのうじむ)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:IT・PC 刊行:2006年10月 ISBN 4-7973-3725-7

■ご購入はこちら
アマゾン

<著者プロフィール>
電脳事務/末岡 章(でんのうじむ/すえおかあきら)
1962年生まれ、電脳事務代表取締役。電波新聞、ソフトバンク パブリッシング(現ソフトバンク クリエイティブ)などの編集を経て、1993年に出版から広告など幅広い事業展開を目的とした電脳事務を設立。著書に、『休日に作り楽しむ はじめての自作パソコン』『自宅パソコンをWebサーバーにする』(技術評論社)、『無料で簡単 インターネットセキュリティ』『インターネットダウンロード 圧縮・解凍早わかり』(ナツメ社)などがある。
>>著書/監修書一覧

<目次>
第1章 テクノロジーが進化させたインターネット
  ①ライフラインの1つとなったインターネット
  ②冷戦時代の産物として生まれたインターネットの原型
  ③データのリッチ化に伴いインフラの高速化が一気に進む
  ④インターネットとWebを進化させたテクノロジー
  ⑤プログラム言語の登場でWebはさらなる進化を遂げた
  ⑥Webの進化は簡易プログラム言語抜きには語れない

第2章 Web1.0からWeb2.0へ
  ①単なる情報発信のサイトから人と人がつながるブログへ
  ②人と人との横のつながりが生み出したWeb2.0というコンセプト
  ③ティム・オライリーが提唱したWeb2.0の構成要素とは
  ④Webの進化の方向性を示すものとしてWeb2.0がある

第3章 Web2.0時代の配信テクノロジーRSS
  ①RSSの仕組みとバージョンの違いを理解する
  ②RSSのバージョンを意識せずに使えるRSSリーダーとは
  ③ポッドキャスティングとビデオキャスティングの役割
  ④サイトの誘引から情報管理までビジネスで活用が進むRSS

第4章 Web2.0を作り出したブログ&SNS
  ①コミュニケーションを根本から変えたブログとは
  ②テクノロジーが生み出す新しいネットワーク社会SNS
  ③Gmailの大容量がリッチなユーザー体験を実現
  ④コミュニケーションのスタイルを変えるIP電話

第5章 リッチコンテンツを実現するAjax&マッシュアップ
  ①データの進歩的な分散と共有を実現するWebアプリとは

第6章 Web2.0時代のビジネス手法
  ①Web2.0の登場で変革が進んだWebビジネス手法
  ②Webビジネスを支えるセキュリティテクノロジー
  ③安心な取引を実現するネットバンキングのテクノロジー

第7章 音楽・動画配信から動画共有まで
  ①iPodの世界的な普及で勢いが出てきた音楽・動画配信
  ②音楽・動画配信の普及に欠かせない著作権保護技術
  ③音楽・動画配信の過渡期に登場したインターネットラジオ
  ④広告型配信やビデオキャスティングで可能性が広がる動画配信
  ⑤YouTubeによって幕が開けた動画共有時代
  ⑥Webの進化を総括する

続きを読む "Si新書『最新Webテクノロジー』
電脳事務 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『知ってトクする確率の知識』
野口哲典 著 概要

SIS002.jpg

成功するにはワケがある!
『知ってトクする確率の知識』
著者:野口哲典(のぐち てつのり)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:数学 刊行:2006年10月 ISBN 978-4-7973-3727-3

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス  GooglePlay

<著者プロフィール>
野口哲典(のぐち てつのり)
 1958年愛知県生まれ。東海大学卒。市場調査会社を経て、ライターとして独立。執筆活動だけでなく、確率などをテーマにした講演もこなす。おもな著書には、サイエンス・アイ新書『数学的センスが身につく練習帳』『みんなが知りたい男と女のカラダの秘密』『数字のウソを見抜く』や『遅刻・締切いつもルーズな人のクスリ』(アスカエフプロダクツ)、『微分積分はわかるとおもしろい』『おもしろ数学トレーニング』『大人の保健体育』『DNA・ヒトゲノムはわかるとおもしろい』(インデックス・コミュニケーションズ)などがある。
>>著書/監修書一覧

<著者からのメッセージ>
 本書では偶然の出来事についても触れている。いわゆるシンクロニシティといわれているものだ。シンクロニシティとは自分にとって意味のある偶然のことを指す。心理学者のユングがとなえたものだ。そして、本書をだすことができたのも、まさにシンクロニシティともいえる偶然の出来事がきっかけになっている。
 私は現在「生活やビジネスに役立つ確率の知識」というテーマで、商工会議所や企業からの依頼で講演活動を行っている。そのため、この講演で話している内容を本としてまとめることはできないかと考えていた。 そんなおり、つき合いのある出版社の社長から、ソフトバンク クリエイティブへ紹介してあげようかという話があった。そしてそれから何日もたたないうちに、当のソフトバンククリエイティブからメールが届いた。それはこれから刊行予定の「サイエンス・アイ新書」への執筆の協力依頼だった。
 私は、例の出版社の社長が、さっそく当社へ紹介してくれたのだと思い、お礼の電話をかけたところ、まだ話をしていないという。あらためて、ソフトバンク クリエイティブからのメールを読んでみると、私のホームページを見てメールをしたと書いてある。たまたま紹介してあげようかといわれていた出版社から、本書の出版にうってつけの新書シリーズの協力依頼がきたのだ。私がそこに運命的なものを感じたのはいうまでもない。
 ちょっとおおげさにいえば、本書はソフトバンククリエイティブから出るべくして出たともいえるのである。とはいえ、世の中には、こうした偶然の出来事が、想像以上に起きているのである。本人にとっては、びっくりするような偶然の出来事でも、確率的にいえば、地球上の誰かにそれが起きてもぜんぜん不思議ではない。どんなに驚くべき奇跡的な偶然であろうと、それがいつ、あなた自身に起きても、なんら不思議ではないのである。

<担当編集者からのメッセージ>
 私は中学生のころから、トランプの「大富豪」勝負には、絶大なる自信をもっていた。ただ、条件がある。それは、対戦相手が少なくとも3年以上つき合いのある友達であること。そして対戦人数が、4~6人ぐらいであること、だ。
 つまり、心理戦と確率勝負なのである。対戦相手の顔ぶれを見て、どういう展開のときに、どんなカードをだしてくるのかの傾向をつかむ。あとは、場にだされたカードを覚え、残ったカードの組み合わせを考えてだしていく。もちろん100%カードを記憶し、組み合わせを考えていくことはできないが、たいていはこれで勝てる。なぜなら、対戦相手が確率を意識していないからだ。ただ、自分の手元にきたカードだけを見ているのである。そして多少言葉で揺さぶりをかければ、カードをだすのをあきらめたりする。これでは勝てない。私が「確率はおもしろい」と思ったのは、この大富豪勝負からだ。
 ただ、確率を無視して大負けしたこともある。それはパチンコやパチスロだ。いまでこそ多くの店で回転数や大当たり回数が表示されるデータカウンターを設置しているが、私が大学生だったころは、せいぜい大当たり回数を表示するデータカウンターしかなった。つまり回転数がわからなければ、大当たりが何分の1できたのかがわからず、その台の設定がわからない。
 パチンコやパチスロ好きの方ならおわかりだと思うが、大当たりの回数は完全確率方式となっている。たとえばパチスロでは設定は6段階に分けられ、設定1が最低設定、設定6が最高設定だ。そして本書で野口氏が書いているとおり、確率は「大数の法則」により、かたよりは修正されていく。つまりだ。200回や300回程度回転させただけではわからないが、2000回、3000回となるにつれて、その台の大当たり回数は、設定された確率に近づいてゆく。ということは、回転数がわからなければ設定は読めず、負ける可能性が高くなるのだ。そのことがわからなかったパチスロビギナー時代は、涙がでるほど負けた。確率を意識して冷静に勝負ができるようになってからは負けることが少なくなったが、それまでの投資はレクサス1台分ではすまないかもしれない。
 本書を読むと、「おっ、これも確率で考えられるのか」ということに気がつく。単純なクジ引きからジャンケン、お見合いパーティ、入社試験、社内会議などなど。確率を知って意識するのとしないのとでは、人生において大きな差がでてくると、私は思う。野口氏がつけたサブタイトル「成功するにはワケがある!」は、まさにそのとおりなのだ。
 成功者に近づくために、本書で紹介したさまざま事例から、自分の人生で使える確率を見つけだしていただきたい。

<目次>
第1章 確率の基礎知識
 確率ってなんだろう?
 確率と偶然の違いはどこに?
 コインを2回投げればかならず表が出る?
 確率1/2の意味は?
 コインに記憶力はあるのか?
 未来を正確に予想することはできない
 ビデオの借り方は何通りあるのか?
 足し算で求められる確率は?
 確率の合計は常に1?
 2人とも女の子の確率は?
 3人とも女の子の確率は?
 1の目が同時に出る確率は?
 連続でクジに当たる確率は?
 打順は何通りある?
 サッカーのPK戦の順番は何通り?
 役員の選び方は何通り?
 同じ数字を含んだナンバーズ4は?
 競馬の枠順は何通り?
 競馬の枠連は何通り?
 届けたのはどっち?
 好きな女性と隣同士になれる確率は?

第2章 成功するにはワケがある!
 成功するためのポイントは3つしかない
 やると決めたからこそ月に行けた
 成功するための情報を収集する
 実行しなければ始まらない
 なにもしないというのは成功確率ゼロだということ
 とりあえず始めてしまえ!
 あきらめないで続けること
 5回やれば成功する!
 3割バッターがヒットを打つ確率
 サルでも名作が書ける?
 失敗はチャレンジした結果
 なぜ信じることで成功できるのか
 カクテルパーティー効果
 「20対80」の法則を利用する
 プラス思考がたいせつなワケ

第3章 確率的戦略で成功する!
 ジャンケンでかならず勝つ方法とは?
 ジャンケンで決着のつく回数は何回?
 お見合いで好みの相手と結婚する方法は?
 お見合いパーティーのあとで好みの相手を選ぶには
 クジはあとから引いたほうが当たりやすい?
 どちらの占い師にしたほうがいいのか?
 期待値を知らないと損をする?
 あなたならどちらを選ぶ?
 ギャンブルで一攫千金か、それとも...
 降水確率0%でも雨が降る?
 3人でのジャンケンで連勝するのは?
 3つの賞品
 飲み代の清算
 入社試験に合格する確率
 会社の方針に反対している社員の割り合い
 マークシート試験をヤマカンで答えたら?
 何個買えば全種類集められる?

第4章 確率でギャンブルに勝つ
 宝くじはなぜ当たらない?
 毎日平均7人が1千万円以上の高額当せん
 宝くじは買い続けるほど損をする?
 宝くじにはよく当たる売り場がある?
 宝くじに当たりやすい血液型とは?
 宝くじに当たりやすいイニシャルがある?
 宝くじに当たりやすい番号がある?
 宝くじに当たりやすいのはどちら?
 ナンバーズに当せんしやすい数字がある?
 ナンバーズは前回と同じ数字が出やすい?
 ナンバーズは人気のない番号を買え!
 ナンバーズはボックスなら当たる?
 ギャンブルに必勝法はあるのか?
 パチンコの大当たり確率
 ポーカーの確率
 貧乏人は金持ちには勝てない?
 宝くじやパチンコは継続することが必勝法?
 かたよりのあるコインで勝負するには?
 ツキとはなにか?
 ツキには波がある?
 ジンクスとゲンかつぎの効果とは?
 公平な分配とは?

第5章 偶然の一致は不思議ではない?
 なぜ二度あることは三度あるのか?
 誕生日が一致しても不思議ではない?
 偶然の一致はめずらしいことではない?
 会議で何度も意見を求められるのは?
 友だちの友だちは、みな友だち?
 ナンバーズの数字、予測します!
 98%正確な安全点検の信頼度は?
 奇跡的な出来事とは?
 あなたも超能力者になれる?
 宇宙人はかならずいる?
 幽霊が存在する確率は2分の1?

続きを読む "Si新書『知ってトクする確率の知識』
野口哲典 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『暮らしの中の面白科学』
花形康正 著 概要

SIS003.jpg

日用品に隠された不思議な科学の原理に迫る!
『暮らしの中の面白科学』
著者:花形康正(はながたやすまさ)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:科学 刊行:2006年10月 ISBN:978-4-7973-3786-0

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
花形康正(はながたやすまさ)
1957年東京生まれ。東京農工大学卒。日刊工業新聞社にて、技術誌の編集を担当し、数百の製造現場を取材する。手がけた『モノづくり解体新書』は、シリーズ累計100万部に達し、出版各賞を受賞。編集長、編集委員を歴任する。現在は㈱テクノエディタの代表として、執筆、講演活動を行い、工業技術の知識の普及や子供たちへの理科教育の必要性を提言する。おもな著書に『電気なるほど事典』(ナツメ社)、『MONO知り図鑑』シリーズ(国土社)などがある。

>>著書/監修書一覧

<目次>
第1部 暮らしのモノ知り・科学の原理
  1 鉛筆で字を書く・消しゴムが文字を消す不思議
  2 接着剤がモノとモノをくっつける不思議
  3 洗濯洗剤が衣類の汚れを落とす不思議
  4 キシリトールガムが歯の健康にいい不思議
  5 白熱電球が光る不思議、蛍光灯が光る不思議
  6 電池が電気を発電する不思議
  7 太陽電池が光で発電する不思議
  8 スタッドレスタイヤが凍結路で止まる不思議
  9 ゴルフボールの表面にあるくぼみの不思議
 10 携帯用カイロが温かくなる不思議
  11 ICカードで情報のやり取りができる不思議
  12 家庭用浄水器が水をきれいにする不思議
  13 熱で溶けるものと焦げるものがあるプラスティックの不思議
  14 輪ゴムが伸び縮みする不思議
  15 合成繊維、人工皮革、人工大理石が本物に違い質感を持つ不思議
  16 インスタントコーヒーの粒が2種類ある不思議

第2部 暮らしのモノ知り・しくみの科学
  1 カラーテレビが画面を映すしくみ
  2 エアコンが室温を調整するしくみ
  3 電子レンジが食品を温めるしくみ
  4 ファクシミリが情報を送受信するしくみ
  5 複写機が原稿をコピーできるしくみ
  6 IH炊飯ジャーがごはんを炊くしくみ
  7 クォーツ式腕時計が正確に時を刻むしくみ
  8 エレベーターの安全確保のしくみ、エスカレーターが水平で移動するしくみ
  9 ETCが料金所をノンストップで通過できるしくみ

続きを読む "Si新書『暮らしの中の面白科学』
花形康正 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『論理的に考える技術』
村山涼一 著 概要

SIS004.jpg

図形化することで考えはこんなにまとまる
『論理的に考える技術』
著者:村山涼一(むらやまりょういち)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:論理 刊行:2006年10月 ISBN:978-4-7973-3726-6

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
村山涼一(むらやまりょういち)
1961年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。出版社や広告代理店などを経てフリーマーケティングプランナー、山形大学工学部客員教授に。著書は、『成功思考公式』『しぐさの解読-彼女はなぜフグになるのか』(弊社刊)、『最強の戦略は「図」で立てる』(PHP研究所)などがある。
>>著書/監修書一覧

<目次>
第1章 文章の構成を理解する
  ①「論理的に考える」の私的解釈
  ②ヴィジュアル思考法の3つのルール
   全体的な文章構成(マクロ思考の論理)
   個別的な文章構成(ミクロ思考の論理)
   文章のつながり方(接続の論理)

第2章 文章をヴィジュアル化する
  ①コラムをヴィジュアル化する①
  ②記事をヴィジュアル化する①
  ③記事をヴィジュアル化する②
  ④エッセイをヴィジュアル化する
  ⑤コラムをヴィジュアル化する②

第3章 思考をヴィジュアル化する
  ①考えていることをヴィジュアル化する
  ②論理的にコラムを書く①
  ③論理的にコラムを書く②
  ④論理的にコラムを書く③
  ⑤論理的にコラムを書く④
  ⑥論理的に小説を書く
  ⑦論理的にショートショートを書く
  ⑧論理的に童話を書く

第4章 ビジネスをヴィジュアル化する
  ①論理的にビジネスを考えるには
  ②ヒット要因を解読する
   雑誌LEONの場合
   PSPの場合
   ヘアコンタクトの場合
  ③価値とはなにか?
  ④コンセプトの解読
   アサヒスーパードライの場合
   ファブリーズの場合
   ヘルシア緑茶の場合
   ブレオの場合
  ⑤時間発想法
  ⑥収益モデル

続きを読む "Si新書『論理的に考える技術』
村山涼一 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『パソコンネットワークの仕組み』
三谷直之・米田 聡 著 概要

sis005.jpg

インターネット接続もファイル共有も図解で納得
『パソコンネットワークの仕組み』
著者:三谷直之(みたに なおゆき)・米田 聡(よねだ さとし)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:IT・PC 刊行:2006年11月 ISBN:978-4-7973-3730-3

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
三谷直之(みたに なおゆき)
1967年東京都生まれ。現在は某ソフト企業において提案、設計、開発を手がける上級SE兼テクニカルライター。Windows、UNIXシステム全般に精通し、おもにPC&テクニカル系雑誌記事を中心に執筆活動を行っている。
>>著書/監修書一覧

米田 聡(よねだ さとし)
1963年生まれ。東洋大学社会学部卒。工学系書籍の出版社を経て、現在フリーのテクニカルライター。有限会社ガジェット代表取締役。『玄箱の本』『白箱の本』『CentOSサーバー構築バイブル』(以上、毎日コミュニケーションズ)ほか著書多数。
>>著書/監修書一覧

<担当編集者からのメッセージ>
 インターネットやLANなどのネットワークにつながることがあたり前になった現在、パソコンやケータイで電子メールやWebサイトを利用することは、日々の生活に欠かせないものになっています。ところがパソコンが突然不調になって、ネットワークを使えない状況もめずらしくはありません。社内LANであれば、情報システムなど専門の部署にまかせておけばすみますが、個人宅の場合は自力でなんとか解決するしかありません。そこで必要になってくるのが、パソコンネットワークがどのような仕組みで動いているかという知識です。
 本書は、SEでもある著者が、パソコンネットワークの初心者が知っておきたい基礎的な内容を、図解を交えてわかりやすく説明します。たとえば、電子メールを宅配サービスになぞらえて、パケット(荷物)が目的のアドレス(配送先)に送られていく流れを説明しています。こうしたネットワーク上の決めごとを理解することの利点は、トラブルの解決に重要な問題の切り分けができるようになることです。
 ネットワークの接続自体はかなりの部分が自動化されていますから、ユーザーが設定する項目も少なくなっていますが、パソコンのトラブルにはいろいろな原因が考えられ、1台1台使われ方が違うことから、対処療法としてのハウツーだけでなく、基礎的な仕組みから理解することで、状況に応じた応用が可能になります。
 本書では、ネットワーク上でファイルを共有する仕組みや、インターネット接続に欠かせないセキュリティの話、そしてネットで使われる暗号技術の話など、ネットワークを利用するために身につけておきたい事柄が登場します。
 トラブルが起きてから場あたり式に対処しようとしても、深みにはまりやすいものです。事前に知識をもっておけば、少なくとも余裕をもって対応できます。ぜひとも、パソコンネットワークの入門として本書をお役立てください。

<目次>
第1章 TCP/IPネットワークの基本
 ①規則を定めた"通信プロトコル"
 ②TCP/IPネットワークの基礎知識
 ③ネットワークを構築しよう

第2章 共有サービスのテクニック
 Windowsネットワークでのファイル共有

第3章 インターネットサービスの仕組み
 ①Webアクセスの仕組み
 ②メールを送る仕組みSMTP
 ③メールを受信する仕組みPOP3
 ④通信の安全を守るSSLってなんだろう

第4章 ネットワークトラブルシューティング
 基礎知識とツールでネットのトラブルを解決する

付録 10進数・2進数・16進数 変換表
    IPパケットヘッダの詳細

続きを読む "Si新書『パソコンネットワークの仕組み』
三谷直之・米田 聡 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『透明金属が拓く驚異の世界』
細野秀雄・神谷利夫 著 概要

sis006.jpg

不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術
『透明金属が拓く驚異の世界』
共著:細野秀雄(ほそのひでお)・神谷利夫(かみやとしお)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:工学 刊行:2006年11月 ISBN 978-4-7973-3732-7

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
細野秀雄(ほそのひでお)
1953年埼玉県生まれ。1982年東京都立大学(現首都大学東京)大学院工学研究科博士課程終了。工学博士。名古屋工業大学工学部助手・助教授、バンダービルト大学博士研究員、国立分子科学研究所助教授、東京工業大学助教授などを経て、1999年同学教授(応用セラミックス研究所教授)、2004年より同学フロンティア創造共同研究センター教授。現在に至る。専門は無機材料科学(特に新材料探索)。科学技術振興機構ERATO「細野透明電子活性プロジェクト」総括責任者、文部科学省21世紀COE「産業化を目指したナノ材料開拓と人材育成」拠点リーダーを歴任。著書に『Nanomaterials』(Elsevier、2006)など。
>>著書/監修書一覧

神谷利夫(かみやとしお)
1967年神奈川県生まれ。東京工業大学大学院修士課程中退。同工学部無機材料工学科助手、同大学院物質科学創造専攻助手、同応用セラミック研究所助手、英国ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所客員研究員、東京工業大学応用セラミックス研究所講師を経て、2002年度から同助教授。工学博士。専門は半導体デバイス、計算材料学。
>>著書/監修書一覧

<担当編集者からのメッセージ>
 本書のタイトルにある「透明金属」とは、「透明酸化物半導体」のことを指します。これは、鉱物を酸化させることで電気を通したり通さなかったりする半導体の振る舞いをする物質が生まれ、それをミクロの世界で実現すると、光はほぼ透過してしまうために透明に見えるというものです。具体的にいってしまえば、どこにでもある石灰とアルミナ(セメントの材料ですね)から、透明な電極を作ってしまう技術だと考えていいでしょう。
 そんな技術がなにに役立つかと思うかもしれませんが、ケータイや液晶テレビなどの表示装置(ディスプレイ)にはなくてはならないものです。液晶の画面をイメージすると、透明でかつ電気を通す必要性が理解できると思います。ケータイはいまでもたくさん使われているから、どこに問題があるのかと思われるかもしれません。ところが、現在使われている透明電極の素材には、インジウムのような希少な金属が使われており、今後も安定して供給が続くとはいえません。これから家庭のテレビがすべて液晶などの薄型テレビに置き換えられることは明白ですから、レアメタルに頼らなくても製造できる技術が必要です。
 本書は、現代の最先端科学である透明金属の理解をテーマに、その基礎となる導電性の仕組み、透明に見えることの意味、そして透明金属を作りだすナノテクノロジーの錬金術の全貌を、実験室にいるようなドキュメンタリータッチで紹介しています。日本の科学者のリアルな研究スタイルを肌で感じていただける本だと思います。

<目次>
第1章 プロローグ 材料研究が持つ可能性

第2章 透明金属の用途

第3章 透明金属ってどういうこと? 金属と絶縁体の違いはなに?

第4章 電気を流すもの、流さないもの

第5章 色と電気伝導度の関係

第6章 新しい透明金属と応用

第7章 ガラスが高性能の透明トランジスタに変身

第8章 セメントを透明な半導体に、さらに金属に返信させる

第9章 エピローグ 材料科学への誘い

付録 物理定数とその意味
    重要な用語集
    便利な公式集
    小さい数を表す単位
    周期表

続きを読む "Si新書『透明金属が拓く驚異の世界』
細野秀雄・神谷利夫 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『マンガでわかる色のおもしろ心理学』
ポーポー・ポロダクション 著 概要

SIS007.jpg

青い車は事故が多い? 子供に見せるとよい色とは?
『マンガでわかる色のおもしろ心理学』
著者:ポーポー・ポロダクション
定価:1,000円(税込み) 色数:オールカラー
ジャンル:心理 刊行:2006年12月 ISBN:978-4-7973-3919-2

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス  GooglePlay

<著者プロフィール>
ポーポー・ポロダクション/原田玲仁
人と違ったおもしろいものを作りたいということをポリシーに、2003年に企画制作事務所「ポーポー・ポロダクション」を設立。コンテンツ企画・編集・デザインなどを映画・アミューズメント・外食産業・スポーツなどの幅広い分野で展開している。なかでも、色彩心理や色彩学を活用した企業のカラーコーディトやロゴ制作は定評がある。
http://www.paw-p.com/
>>著書/監修書一覧

<目次>
序章 色彩の基本
 色によって流れる時間が違う
 色には重さがある
 色の基本/色相、明度、彩度
 RGBとCMY
 「トーン」ってなんだろう?
 便利な色彩体系/マンセル色彩体系
 知っていると便利な色見本

第1章 不思議な色彩の力
 寒色と暖色
 反射する色と吸収する色
 膨らむ色と縮む色
 進出色と後退色
 食欲がわく色
 人を眠りに誘う色

第2章 色彩心理と実験
 色彩心理学とは
 色彩探求の歴史
 色彩心理の実際
 ・子供と色彩心理
 ・犯罪と色彩心理
 ・企業と色彩心理
 ・就職活動と色彩心理
 ・職場環境と色彩心理
 ・病院と色彩心理
 ・書籍と色彩心理
 ・映画と色彩心理
 ・スポーツと色彩心理

第3章 色の章/好きな色でわかる性格
 好きな色でわかるあなたの性格
 黒が好きな人の基本性格/心理効果
 白が好きな人の基本性格/心理効果
 グレイが好きな人の基本性格/心理効果
 赤が好きな人の基本性格/心理効果
 ピンクが好きな人の基本性格/心理効果
 青が好きな人の基本性格/心理効果
 黄色が好きな人の基本性格/心理効果
 緑が好きな人の基本性格/心理効果
 オレンジが好きな人の基本性格/心理効果
 そのほかの色の基本性格
 好きな色と性格の関係、好きな色はつねに変化する

第4章 知っていると便利な色彩効果
 反発する色と引き立てる色
 色の対比効果
 色の同化効果
 よく見える色とよく見える組み合わせ
 夕暮れになると赤は見えにくい?
 色は皮膚でも見ている!
 音にも色がある?
 面積の違いによる色の印象
 記憶色

第5章 カラーコントロール
 ファッションと色の関係
 洋服の色が相手に与える影響
 洋服の色が自分におよぼす影響
 パーソナルカラーシステム
 流行色は作られている

第6章 色の雑学
 おもしろ色名
 色の雑学

続きを読む "Si新書『マンガでわかる色のおもしろ心理学』
ポーポー・ポロダクション 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『進化する電池の仕組み』
箕浦秀樹 著 概要

sis008.jpg

乾電池から未来型太陽電池まで
『進化する電池の仕組み』
著者:箕浦秀樹(みのうら ひでき)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:工学 刊行:2007年12月 ISBN:978-4-7973-3788-4

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
箕浦秀樹(みのうら ひでき)
1944年生まれ。名古屋大学大学院工学研究科金属工学専攻終了。以後、岐阜大学にて、電気化学や無機材料化学の教育に携わりながら、特に半導体と溶液との界面を利用する光電変換デバイスの研究開発に従事。現在は、岐阜大学大学院工学研究科教授、副研究科長(副学部長)を兼任。岐阜県新エネルギー導入研究会太陽電池部会長なども兼ねる。著書は『薄膜太陽電池の開発最前線』(エヌ・ティー・エス)、『色素増感太陽電池および太陽電池の最前線と将来展望』(情報機構)など、色素増感太陽電池に開発専門書(いずれも共著)。
>>著書/監修書一覧

<担当編集者からのメッセージ>
 ふだんなにげなく使っている電池。ノートパソコンやケータイなどのモバイル用途で電池切れは致命的ですが、そんなときに電池のありがたみをしみじみと感じます。
 いまや電池の主役は、リチウムイオン二次電池(充電池)だと思いますが、その性能がケータイのサイズを決めるといっていいかと思います。もちろん使い捨ての一次電池もマンガン電池をはじめとして、まだまだ現役です。
 さて、静電気に代表される電気を人類が有効利用できるようになったきっかけは、ボルタの電池からです。当時は、ボルタ電池をいくつも直結して各種の科学実験が行われました。実は、ボルタ電池やその後のダニエル電池は、身近な素材で簡単に作ることができます。本書でも紹介されていますが、電池といえばお店で買ってくるものだと思いこんでいる子どもたちには、電池の自作は科学(化学)を身近に感じてもらういい機会になるでしょう。
 本書には、こうした一次電池や充電可能な二次電池の基本的な構造が説明されており、さらにはこれからの未来を担う燃料電池や太陽電池についてもふれています。特に著者は、色素増感型太陽電池を研究されている立場から、この光エネルギーから電気を生み出す太陽電池の仕組みを、わかりやすく説明しています。
 電気を光に変えるのは、電球やLEDを考えるとわかりやすいのですが、光を電気に変える仕組みは簡単に説明できないと思います。とはいえ、ハイブリッド車や電気自動車、燃料電池車が今後登場してくる時代でもあるので、電池の性能はますます重要になってきます。本書には基礎的な事柄がポイント別にまとめられておりますので、電池の過去から未来への進化を俯瞰(ふかん)するにも役立てていただけると思います。

<目次>
第1章 乾電池とグレープフルーツ電池
 電池に囲まれている生活
 乾電池を解剖してみよう
 グレープフルーツが電池になる!
 11円電池を作る
 グレープフルーツ電池のパワーアップ!
 グレープフルーツ電池の働き具合をチェックする
 明かりはともるかな?
 自分でやってみよう!

第2章 電池のイロハ
 「金欠病」の文句はイロハの「イ」
 グレープフルーツ電池で何が起きたか
 ボルタ電池とダニエル電池
 イオン化傾向を数値化する
 金属がさびるのは電池の仕業!?

第3章 乾電池とリチウム電池 <一次電池>
 実用電池は弱肉強食の世界
 最もたくさん作られている電池 乾電池
 乾電池の兄貴 アルカリ電池(アルカリ乾電池)
 一次電池の王者 リチウム電池

第4章 車のバッテリーからケータイの電池まで <二次電池>
 二次電池化は時代の要請
 自動車のバッテリー 鉛蓄電池
 電気シェーバーの電池 ニカド電池
 ニッケル--水素電池
 ケータイの電池 リチウムイオン電池
 "嫌われ金属"の悲しい運命

第5章 燃料電池と太陽電池
 電池というより発電所の仲間?
 燃料電池
 新エネルギーの旗手 太陽電池
 シリコン太陽電池
 太陽電池の仕組み

第6章 電池らしい顔をした太陽電池 <湿式太陽電池>
 浸すだけで太陽電池!?
 本多--藤嶋効果の発見
 水が光で分解されるわけ
 可視光線で水を分解するのははかない夢?
 再び脚光を浴びる湿式太陽電池
 グレッツェル先生のブレイクスルー
 色素太陽電池は本当に低コストか?
 色素太陽電池のユニークなところ
 問題点はないの?

第7章 ユビキタス社会と電池
 ユビキタスって何?
 フィルム型カラフル太陽電池 レインボーセル
 色素太陽電池のプラスチック化
 酸化亜鉛が有望!
 レインボーカラーの酸化亜鉛膜
 "レインボーセル"の誕生

続きを読む "Si新書『進化する電池の仕組み』
箕浦秀樹 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『理工系のネット検索術100』
田中拓也・芦刈いづみ・飯富崇生 著 概要

SIS009.jpg

WikipediaからGoogle、NASAなど海外科学系サイトまで
『理工系のネット検索術100』
著者:田中拓也(たなかたくや)・芦刈いづみ(あしかりいづみ)・飯富崇生(いいとみたかゆき)
定価:945円(税込み) 刊行:2007年1月 ISBN 978-4-7973-3957-4

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
田中拓也
1972年生まれ。テクニカルライター。ソフトバンク(現ソフトバンク クリエイティブ)での編集を経て、ライターとして独立。パソコンとインターネットの間にある領域を中心に、PC JapanやYahoo!Internet Guideの連載記事執筆のほか、DOS/V magazineでは企画・編集にも関わる。
>>著書/監修書一覧

芦刈いづみ
大分県生まれ。広島大学学校教育学部卒業後、渡米。カリフォルニア州立大学映画学部大学院脚本学科卒。フリーライター。帰国後、飯富崇生とともにPhoto-Writing Unit TARBEEを立ち上げ、海外のリサーチ記事や、アメリカのカルチャー、自然、国立公園などの紹介記事を多く執筆している。
>>著書/監修書一覧

飯富崇生
山形県生まれ。高校卒業後、渡米。カリフォルニア州立大学映画学部映画製作学科卒業。ネイチャーアートフォトグラファー。自然をアートに撮るプロフェッショナル。帰国後、芦刈いづみとともにPhoto-Writing Unit TARBEEを立ち上げ、創作活動の傍ら、海外リサーチや翻訳なども手がけている。
>>著書/監修書一覧

<目次>
初級編 絶対にマスターしておきたいGoogle検索の基本技
 検索候補が多すぎるときはAND検索! 複数キーワードで必要な情報を絞り込もう
 検索精度が飛躍的にアップするマイナス検索を使いこなす
 OR検索でナノテクノロジーもナノテクも両方試す
 「スーパーノヴァ」と「スーパーノバ」の違いを区別したければプラス検索で
 「garireo」? 「galileo」? スペルがうろ覚えの場合はもしかして検索で解決
 検索で無視されるストップ語はプラス検索で検索すればよい
 「Analog to Digital」を確実に検索するフレーズ検索
 「404 File Not Found」も怖くない! キャッシュ機能でサイトのコピーを表示
 関連ページで研究に関連のある情報を芋づる式にゲット!
 検索条件が複数あるときは検索オプションで一括設定
 検索オプションでサイトの最新更新日を指定して研究分野の最新動向をチェック
 英語版のGoogleで海外のサイトを効率よく調べる
 「BSE」に対する各国の反応は? 言語ツールで対象国の関心度を調査
 Googleツールバーのハイライト機能で検索用語を見やすく表示
 検索キーワードが本文に見あたらないときの隠し技、特別構文を使う
 I'm Feeling Luckyを利用して公式ホームページをダイレクトに表示する
 「について検索」で「ジェネリック医薬品」に関する意見を知る
 単数形と複数形の両方を試すとキーワード検索のコツがわかる
 「ハリケーン」「台風」「熱帯低気圧」など同義語も検索してさらにコツをつかむ
 「シミュレーション」と「シュミレーション」 ときにはまちがったキーワードも試す
 「硫酸鉄(Ⅱ)」を検索したいときに覚えておくと便利なローマ数字検索技
 「私の*テーマ」はなに? フレーズを入力して自然な日本語で検索
 広義語、狭義語を意識して検索範囲を自在に調整する
 「conf」で「conference」も検索! 「~」(チルダ)もつけて関連後を検索する
 大学の理工系講義はポッドキャストで好きな時間で好きな場所で受講する
 特別構文を使いこなしてGoogleの検索スキルをレベルアップ

中級編 情報収集力が一気にアップするGoogle検索術
 ドメイン検索で政府機関が発表したさまざまな情報を収集する
 学術論文や学位論文などGoogleスコラで世界中の論文を入手
 Googleスコラのさらなる使い方 著者やタイトル、日付で論文を検索する
 Googleブック検索で著作権の切れた図書や雑誌を閲覧する
 特別構文を使って特定の理論に関するPDFを入手する
 論文を引用する統計資料を手に入れたいときにも特別構文が役立つ
 どうしても思い出せない人名をGoogleセットで検索する
 Googleスペシャル検索で「温暖化」に関する米政府の公式コメントを入手
 Googleサジェストで「科学」に関連のあるキーワードをGoogleに自動入力してもらう
 特定分野の学会や研究所を効率よく探すならGoogleディレクトリが便利
 2004年11月発表の天文ニュースを調べるときに便利なフレーズ検索
 世界最大級のオンラインコミュニティで専門分野の話題をディスカッション
 Googleブログ検索で図書にもなっていない生の情報を集める
 貴重な月着陸の映像をGoogleビデオで入手する
 海外の大学の講義も実はGoogleビデオで受けられる
 イメージ検索で論文の参考となる画像データを入手する
 イメージ検索で画像のサイズや形式を指定するフリーの素材を見つける
 Googleニュースで科学や技術に関する新聞記事をいち早く知る
 Googleニュースもカスタマイズして海外の科学ニュースもチェック
 Googleアラートで宇宙の理論に関する最新ニュースをメールで受け取る
 Google News Archive Searchで20年以上前のニュース記事を検索する
 Googleリーダーでサイトの更新情報を自動収集する
 携帯電話で新着メールを見るのに役立つGoogleモバイル
 パーソナライズドホームで自分だけのオリジナルポータルサイトを作る
 Googleユニバーシティ検索で大学の情報や論文を入手する
 ネットの情報はリンクページ検索で! サイト&論文の信頼性を確認してから
 研究活動にネットの情報を生かす場合はPageRankでまずサイトの優良性を確認
 いま地球でなにが起きているのかをGoogleマップで調査する
 Googleマップで月面や火星を探査するならGoogleムーン&Googleマーズで
 地震情報や気象情報を表示してくれるGoogleアースで地球の環境を把握しよう
 Googleアースのレイヤー機能で地球の地形を表示し立体的に把握しよう
 プログラミングのコードを知るのに役立つGoogleソースコード検索

上級編 日米Wikipedia&海外科学系サイト検索術
 日々進化する現代社会のための情報百科事典サイトWikipedia
 アクティブに学び、調べ、伝えるためにWikipediaとプロジェクトを把握する
 Wikipedia日本語版を初めて使う人はまず表示と検索の違いから覚えよう
 学習意欲を高めてくれるウィキポータル
 世界中の利用者が知識を持ち寄ることでさらに利用の幅が広がるWikipedia
 特定分野の一般知識をゲットしたいならジャンル検索でおまかせに
 ほしい情報が具体的ならばピンポイント検索で効率よく調べる
 興味のある分野を掘り下げるならジャンルポータルを利用するのがベスト
 興味のある講座を参加型で学ぶ! 専門家に質問する! 無料聴講Wikiversity
 Wikiversityに参加して視点を広げ世界中から意見を集めよう
 100万本にもおよぶ学術メディアソースが揃うCommons
 Commonsの著作権を正しく理解して自分に必要な情報を収集する
 映画の名ゼリフから偉人の発言まで引用集wikiquoteの検索方法
 基礎から学び、検索したいときに役立つ教科書Wikibooksと生物図鑑Wikispeacies
 情報収集から息抜きまで情報があふれる姉妹プロジェクトの全貌を把握する
 疑問に思ったことはすぐに検索! クリック1つで掘り下げて学べる検索術
 英語論文の把握はポイントが凝縮された最初と最後の段落が重要
 英語論文の各段落の内容は最初の1文が重要、その段落の主題がそこにある
 ナチュラル翻訳ならフレッシュアイ翻訳 英文サイト一括翻訳ならExcite翻訳
 専門分野の検索サイトを知るにはアメリカの大学図書館サイトがベスト
 ロサンゼルスタイムズの最新記事が全文読めるlatimes.comは絶対チェック
 latimes.comは無料メンバー登録で記事の全文閲覧が可能になる
 写真もビデオもすべて閲覧OK! latimes.comで全米最新ニュースをゲット
 とにかく使えるAsk.com そのシンプルさとわかりやすさは抜群!
 Ask.comのスマートアンサーを使えばアインシュタインの情報が一気に表示
 全米デジタルライブラリーでアメリカ政府機関が提供する資料を入手
 Science.govのサーチ機能を使って探したい情報をすばやく見つける
 Science.govのサーチ機能を使って検索した結果に関連するサイトを見つける
 エネルギー関連の論文や本の検索はEnergy Citations Databaseがオススメ
 Energy Citations Databaseを使ってソーラーエネルギーに関する情報を入手
 Energy Citations Databaseの検索結果をもとに文献の詳細を知る
 DOE Information Bridgeのアラート設定で科学&IT関連情報を入手
 アラート設定に希望の分野を登録してDOE Information Bridgeから情報を入手
 サーチ機能を利用して科学やエネルギー関連の論文をPDFで入手
 NASAが保有する科学や宇宙工学などの論文や記事を検索するには
 NASA Technical Report Serverのサーチ機能でSpace Probeを検索
 NASA Technical Report Serverにある文献の開き方と取り寄せ方法
 医学系の研究結果や資料など豊富なデータが検索可能なNCBI
 NCBIのすべてのデータベースから一括してCancer(癌)について検索
 NCBIのPubMed CenterでCancerについての文献を手に入れる
 理系人間にはたまらなく魅力的なサイト 科学・工学情報誌DiscoverWeb版
 無料のメンバー&メルマガ登録でDiscoverの最新科学ニュースをゲット!

続きを読む "Si新書『理工系のネット検索術100』
田中拓也・芦刈いづみ・飯富崇生 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『やさしいバイオテクノロジー』
芦田嘉之 著 概要

sis010.jpg

血液型や遺伝子組換え食品の真実を知る
『やさしいバイオテクノロジー』
著者:芦田嘉之(あしだ よしゆき)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:食品 刊行:2007年1月 ISBN:978-4-7973-3890-4

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
芦田嘉之(あしだ よしゆき)
1961年、京都府生まれ。大阪大学大学院理学研究科博士(後期)課程途中退学。博士(芸術)。徳島大学歯学部助手を経て広島大学大学院理学研究科助手。呉工業高等専門学校非常勤講師。研究分野は、ガンの転移・浸潤、植物のストレス応答・防御機構など。現在、これらを統合した研究を模索中。
>>著書/監修書一覧

<担当編集者からのメッセージ>
 本書は、実際に高等専門学校で使われているテキストをベースに、バイオテクノロジーの初歩から理解できるように図解を加えたものです。
 特に、著者が気にしているのは「遺伝子組換え食品」と呼ばれるものです。日本は最大の遺伝子組換え食品の輸入国になっているらしいのですが、それを表示した食品はほとんどみかけません。その理由は、遺伝子を操作した食品への不信感が消費者の間に根強くあるため、表示しなくてもいいように加減しているのだといいます。これなど「遺伝子組換え」が事実であるのに、消費者の目にはふれないよう隠蔽しているのと同じです。
 科学の世界では、ヒトをはじめ各種の生物のDNAが解析されて、進化の系統が見直されたり、疾病の予防や、組織再生の道を探ったりしていますが、遺伝子組換えの成果で作られた食品が、不安なイメージだけで利用されない現実は、どう考えてもおかしい気がします。
 また、血液型による性格診断(占い?)が大流行していますが、これらの遺伝子に関係する話題のうち、一般に誤って覚えられているような点についても、ていねいに解説されています。血液型に関しても、ABO型で判定するのは1つの解釈にすぎなく、それも赤血球のDNAの一部の塩基配列が変わっただけのものです。輸血するとなると適合性は重要ですが、血液型が性格を支配するなど考えようもありません。
 とはいえ、信じている人を説得するには、根拠が必要です。同様に、遺伝子組換え食品が天然ものよりも安全だということも、しっかりした根拠を知らなければ語れることではありません。
 本書では、こうしたバイオテクノロジーに関する話題にもふれながら、メインはバイオテクノロジーの入門書として基本の理解を進めるために、かみくだいた説明に終始しています。

<目次>
序章
 遺伝子組換え技術に関する意識調査
 基本用語の解説-DNA、遺伝子、ゲノム

第1章 生命科学の基礎
1-1 マクロな生物学- 生物とは何なのか
 生命とは何か
 生と死の境界はあるのか
 生物の分類 細胞から
 種とは何か
 生物の分類 個体から
 地球上の生物と生物進化
 ●コラム 進化学と創造論の違い
 ●コラム ウイルスは生物?

1-2 分子生物学の基礎と細胞生物学
 DNAを見てみよう
 遺伝子はどこにあるのか
 ゲノムとは何か
 遺伝子に何が書いてあるのか
 細胞の種類と体細胞分裂 ゲノム2セットの細胞の分裂
 生殖細胞 ゲノム1セットの細胞
 減数分裂 生殖細胞の作られ方
 受精と胚発生
 遺伝情報の伝わり方
 ●コラム ゲノムと遺伝子
 ●コラム 生殖はなぜ必要か?

1-3 ミクロな生物学- 遺伝子の一生
 買ってはいけない 食べてはいけない 危ない「化学物質」
 DNAは何からできているのか
 DNAの二重らせん構造
 細胞分裂のときDNAは複製される
 アミノ酸 タンパク質の部品
 タンパク質の構造
 タンパク質の種類
 遺伝情報からタンパク質が作られる
 RNAの構造と働きと遺伝暗号コドン
 コドンとtRNA
 転写 mRNAの合成
 翻訳 タンパク質合成
 合成されたタンパク質の行き着く先は
 突然変異 進化の原動力
 突然変異 遺伝子の変異が関係する病気
 塩基配列の変異とアミノ酸との関係
 細胞の多様性 同じゲノムなのになぜ多様な細胞があるのか
 体細胞間で異なるゲノムの例 DNAは意外に満身創痍
 ●コラム コラーゲンに美肌効果がある?
 ●コラム ヒトゲノムの「解読」に違和感があります
 ●コラム アメリカ産牛肉は危険か?

1-4 具体的な遺伝子の構造
 チトクロームC遺伝子を例に
 分子生物学的な系統樹 塩基配列から進化を見る
 鎌状赤血球症の発症メカニズム
 遺伝病の仕組み 劣性遺伝と優性遺伝
 アルデヒド脱水素酵素遺伝子
 お酒の飲める人と飲めない人の遺伝子の違いはたった1塩基
 血液型を決める遺伝子
 血液型の分子生物学
 ●コラム 血液型と性格に関連はあるのか

第2章 バイオテクノロジー
2-1 基礎的なバイオテクノロジー
 大腸菌を利用した組換えDNA実験1970年代に始まった革命
 バイオ実験に使う小物を紹介しましょう
 ポリメラーゼ連鎖反応 1980年代に始まった革命
 PCR法はあらゆる分野で応用されている
 PCR法のキーは特異的プライマの設計だ
 PCR法による特異的DNA断片の増え方
 DNA断片を分離して確認する方法 アガロースゲル電気泳動法
 塩基配列を決定する方法 ジデオキシ法
 DNAを利用した鑑定方法
 ●コラム カルタヘナ法 遺伝子組換え生物を使うルール

2-2 植物のバイオテクノロジー
 野菜を水栽培してみると
 植物の育種 遺伝子組換え技術以前の技術
 伝統的な野菜って何だろう
 そもそも遺伝子組換え食品とは
 アグロバクテリウム法 よく使われる遺伝子導入法
 害虫抵抗性遺伝子組換え作物
 除草剤耐性遺伝子組換え作物など
 遺伝子組換え食品を作るときの問題点
 国産遺伝子組換え作物の花形 スギ花粉症緩和米
 遺伝子組換え食品の表示制度
 ゲノムと遺伝子の違い 古典技術と遺伝子組換え技術との違い
 遺伝子組換え食品は種の壁を越えているのか
 遺伝子を操作するのは神に対する冒涜か
 ゲノムと遺伝子 野球とのアナロジー
 ゲノムと遺伝子 企業のDNA
 ●コラム 天然なら安全、人工なら危険か?
 ●コラム 遺伝子組換えの法則

2-3 動物とヒトのバイオテクノロジー
 クローンとはそもそも何なのか
 受精卵クローン
 クローン動物の応用 クローン動物の作成技術
 雑種 かつてレオポンという珍獣がいた
 キメラ 妖怪「くだん」もキメラ
 胚性幹細胞の利用
 遺伝子改造人間を作ることもできてしまう
 小説の中のクローン人間
 DNAチップを使ったオーダーメイド医療の可能性
 ●コラム RNA新大陸発見

続きを読む "Si新書『やさしいバイオテクノロジー』
芦田嘉之 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『やさしく学ぶ免疫システム』
松尾和浩 著 概要

sis011.jpg

インフルエンザ、アレルギー、エイズと闘うメカニズム
『やさしく学ぶ免疫システム』
著者:松尾和浩(まつお かずひろ)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:医学 刊行:2007年2月 ISBN:978-4-7973-3888-1

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
松尾和浩(まつお かずひろ)
1957年、岡山県生まれ。1982年、名古屋大学大学院工学研究科修士課程終了後、味の素に入社。1990年工学博士号取得。1987年よりBCGの遺伝子組み換えワクチンベクターとしての開発に着手し、1998年より科学技術振興事業団の「日タイ国際共同研究エイズワクチン開発プロジェクト」のPrincipal Investigatorとして5年間タイに駐在。2003年より国立感染症研究所にて人類初のエイズワクチン開発を目指し、精力的に研究を続けている。科学雑誌に掲載された論文多数。
>>著書/監修書一覧

<担当編集者からのメッセージ>
 私たちの体が、免疫の働きで守られていることはご存じでしょう。完全な無菌ルームでないかぎり、身のまわりにはたくさんの菌やウイルスがいて、私たちはそれらとともに生活しています。実は体の中にも、特に腸の中には百兆個といわれる多数の菌が生息しているというから驚きです。私たちはこれらの菌と共生すると同時に、外界から体に侵入して病気を起こす原因になる病原体にも常にさらされているわけです。
 体に備わった免疫システムは、これら外部から侵入してくる異物を無毒化して破壊する、かなりパワフルな免疫細胞群が担います。身近な例では、シーズンごとに流行を起こすインフルエンザウイルスや風邪を起こすウイルス、食中毒や肺炎を起こす菌などの病原体に波状攻撃をしかけ、撃退してくれるのです。これには複数の多様な免疫細胞が緊密な連携プレーであたります。
 その調和のとれた働きの見事さには、まるで意志をもっているかのように思えてきますが、もとより免疫細胞の個々に意志が存在しているはずもありません。ただし、防衛隊を統括する指令細胞の号令の下、互いに情報を伝え合い、刺激し合って、チームとして身体を守ってくれています。免疫が「システム」と呼ばれるゆえんです。
 抗体による抗原抗体反応や菌を食べて破壊してしまう貪食細胞、ミサイル攻撃でウイルスに感染してしまった細胞を破壊するキラー細胞、一度破壊した侵入者のタイプを記憶して再度の侵入に備えるメモリー細胞など、個性あふれる免疫細胞の働きも、つきつめれば特異的な化学反応だといえるでしょう。そうした反応が自然の摂理として備わってきた人類の進化の力に驚かされます。
 むろん昨今のアレルギーや、免疫細胞をねらい撃ちして破壊するエイズなど、免疫システムの破綻による病気が問題になってきていることも事実です。
 本書は、こうした生体防御システムとしての免疫を、基礎知識の部分から説き起こし、個別の免疫細胞の特徴やその働き、病気との関連でどのような振る舞いをするかについて、最新の知見を網羅したものです。とくに筆者はエイズのワクチン療法を研究している立場から、現在進行中のワクチン療法開発の一端を紹介しています。もっともっと免疫について理解してほしい、興味をもってほしい、という著者の気持ちが伝わってくる本だと思います。

<目次>
第1章 身体を守る免疫システム
 1-1 私たちは微生物とともに生きている
 1-2 免疫反応を担う細胞群
 1-3 自然免疫と獲得免疫
 1-4 抗原抗体反応とは?
 1-5 抗体=B細胞レセプターの多様性
 1-6 抗体のクラススイッチ
 1-7 細胞性免疫のメカニズム
 1-8 免疫とは「自分には何もしない」こと
 1-9 胸腺でのT細胞の教育
 1-10 ヘルパーT細胞とキラーT細胞
 1-11 2種類のヘルパーT細胞
 1-12 粘膜免疫の世界
 1-13 腸管免疫について
 1-14 不思議な経口免疫寛容
 1-15 ワクチンへの取り組み

第2章 細菌、ウイルス、原虫感染と免疫
 2-1 インフルエンザという感染症
 2-2 インフルエンザウイルスの感染と免疫
 2-3 結核は過去の病気ではない
 2-4 結核菌の感染と免疫
 2-5 マラリアとは何か
 2-6 マラリア原虫の感染と免疫

第3章 免疫システムの異常とアレルギー
 3-1 アレルギーと自己免疫疾患
 3-2 アレルギーにはどんなものがあるか
 3-3 I型アレルギーのメカニズム
 3-4 アレルギー制御法の研究

第4章 ガンと免疫システム
 4-1 ガンという病気は?
 4-2 ガンは免疫系の監視から逃れる
 4-3 ガンの免疫療法
 4-4 インターフェロンは夢のガン治療薬?
 4-5 ナチュラルキラー細胞の抗ガン作用
 4-6 ナチュラルキラー細胞がガン細胞を破壊する

第5章 免疫システムを破綻させるエイズ
 5-1 エイズとはどんな病気? 免疫システムとのかかわり
 5-2 HIVは免疫細胞に感染する
 5-3 HIV感染からエイズの発症まで
 5-4 HIVの起源と分類
 5-5 HIVの遺伝子構造と機能
 5-6 HIVの調節遺伝子

第6章 人類とエイズウイルスの闘い
 6-1 エイズは今
 6-2 治療薬、ワクチン開発の歴史
 6-3 エイズワクチンの免疫学
 6-4 現在開発中のワクチン

第7章 BCGベクターを用いたエイズワクチン開発
 7-1 結核のワクチンをエイズワクチンに
 7-2 今後の展望

続きを読む "Si新書『やさしく学ぶ免疫システム』
松尾和浩 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『基礎からわかるナノテクノロジー』
西山喜代司 著 概要

SIS012.jpg

ITからバイオテクノロジー、医療、環境、エネルギーまで
『基礎からわかるナノテクノロジー』
著者:西山喜代司(にしやまきよし)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:工学 刊行:2007年2月 ISBN 978-4-7973-3918-5

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
西山喜代司(にしやまきよし)
1950年、滋賀県生まれ。1973年、秋田大学工学資源学部卒業。1974年から2002年まで日本アイ・ビー・エム野洲事業所の半導体技術、ならびに液晶技術を担当。この間、社団法人日本電子機械工業会(現、社団法人電子情報技術産業協会)のメンバーとして電子部品の標準書を作成。2003年よりテクニカルライターとして独立。IT、ナノテクノロジー関連の国際展示会などの取材を通し、テクノロジーの動向と展望を雑誌で発表している。近著に『化学の不思議がわかる本』(共著、成美堂出版)がある。
>>著書/監修書一覧

<目次>
第1章 ナノテクノロジーの魅力
 Part1 夢でない近未来の生活
 Part2 「ナノ」という単位とその世界
 Part3 いまなぜナノテクノロジーが必要なのか
 Part4 身近なナノテクノロジー
 Part5 微細の作り方
 Part6 クリントン米前大統領の逆襲「未来を開く技術」

第2章 ナノの世界を見る
 Part1 極微の世界で起こるトンネル効果
 Part2 光学顕微鏡の観察限界
 Part3 可視光線から電子線を使う顕微鏡の世界
 Part4 光の代わりに電子を使った透過型電子顕微鏡の原理
 Part5 走査型電子顕微鏡の仕組み
 Part6 走査型プローブ顕微鏡で原子の文字を書く
 Part7 走査型トンネル顕微鏡で1個1個の原子を見る
 Part8 原子間力顕微鏡は絶縁体試料の観察を可能にした
 Part9 近接場光学顕微鏡は光の波長限界を開放した顕微鏡
 Part10 見る・削る・つけるの3つの機能を持つ走査イオン顕微鏡

第3章 炭素は結晶構造で姿を変える
 Part1 同じ炭素でもダイヤと炭は違う?
 Part2 サッカーボールの形をしたフラーレン
 Part3 フラーレンは老化を防止する
 Part4 カーボンナノチューブの発見
 Part5 カーボンナノチューブの応用
 Part6 カーボンナノチューブを半導体デバイスに使う
 Part7 カーボンナノチューブで次世代大型ディスプレイ
 Part8 カーボンナノチューブを燃料電池に使う

第4章 情報技術とナノテクノロジー
 Part1 トップダウン技術による半導体の微細化プロセス
 Part2 技術への新しい展開はボトムアップ技術
 Part3 小さな電子の入れ物で1個の電子を操作
 Part4 ナノデバイス① 単一電子メモリ
 Part5 ナノデバイス② 単一電子トランジスタ
 Part6 磁気ディスク高密度化への挑戦
 Part7 近接場光による次世代大容量光ディスク
 Part8 分子エレクトロニクスによる分子コンピュータ
 Part9 超高速量子コンピュータとは
 Part10 電子ペーパーで最新情報を得る
 Part11 ナノガラスの魅力

第5章 バイオテクノロジーへの応用
 Part1 病気の原因遺伝子に作用するゲノム創薬
 Part2 個人個人にあったオーダーメイド医療
 Part3 患部にのみ作用するピンポイントドラッグデリバリー
 Part4 バイオチップで体内の異常を早期発見
 Part5 体のサイボーグ化ヒューマンボディビルディング
 Part6 生体内のナノマシン

第6章 環境とナノテクノロジー
 Part1 燃料電池で地球温暖化をストップ
 Part2 人工光合成でエネルギーを供給
 Part3 環境浄化するナノフィルター
 Part4 空気中の汚れを分解する光触媒

第7章 ナノテクノロジーが世界にもたらす影響
 Part1 アメリカのナノテクノロジー推進戦略と開発事情
 Part2 日本のナノテクノロジー戦略と現状
 Part3 EUおよびアジア諸国のナノテクノロジー事情
 Part4 ナノテクノロジーが人類に明るい未来をもたらす

続きを読む "Si新書『基礎からわかるナノテクノロジー』
西山喜代司 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『数学的センスが身につく練習帳』
野口哲典 著 概要

SIS014.jpg

大人も子供も夢中になる算数・数学のネタ本
『数学的センスが身につく練習帳』
著者:野口哲典(のぐちてつのり)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:数学 刊行:2007年3月 ISBN:978-4-7973-3931-4

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス  GooglePlay

<著者プロフィール>
野口哲典(のぐちてつのり)
1958年愛知県生まれ。東海大学卒。市場調査会社を経て、ライターとして独立。執筆活動だけでなく、確率などをテーマにした講演もこなす。著書には、『知ってトクする確率の知識』(サイエンス・アイ新書)、『遅刻・締切いつもルーズな人のクスリ』(アスカエフプロダクツ)、『微分積分はわかるとおもしろい』『おもしろ数学トレーニング』『大人の保健体育』『DNA・ヒトゲノムはわかるとおもしろい』(インデックス・コミュニケーションズ)などがある。
>>著書/監修書一覧

<目次>
第1章 数や計算のことを知っておこう!
 先入観にだまされるな?
 マグロ1匹+キンギョ1匹=2匹?
 4つの足し算
 6つの引き算
 おつりはいくら?
 分数ってなんだ?
 通分しないでも足し算ができる?
 おみやげの分け方
 大きな数の話
 紙を50回折るとどうなる?
 不幸の手紙にだまされるな!
 小さな数の話
 割り算には2つの意味がある
 割り切れる数を見分けるには
 1+1が10になることもある
 十進法を十二進法にしてみよう!
 1が1とはかぎらない?
 奇数と偶数

第2章 計算をもっと楽しもう!
 電卓はキーの意味を知っていると便利!
 電卓で遊ぼう!
 工夫して計算すると速くできる!
 1から100までの合計
 連続した数の合計
 速算術のトリック
 2ケタ同士のかけ算

第3章 算数脳を鍛えよう!
 魔法陣をつくろう
 7つの橋を渡ることができるのか?
 あみだくじは真上を選べ?
 あみだくじの仕組みはアメのくじ?
 マスターマインドで遊ぼう!
 タングラムは魔法の図形?
 地図は4つの色で塗り分けられる?
 メビウスの帯
 変身箱で遊ぶ
 マンホールのふた
 ミツバチの巣穴

第4章 論理的思考を身につけよう!
 正直村とウソつき村
 パラドックスの話
 私はウソつきだ!
 ライオンとウサギ
 アキレスとカメ
 ハゲと砂山のパラドックス
 好きな科目はなに?
 算数のテストの点数は?
 重いコインを探せ!
 ジャンケン必勝法
 けんかをしないでケーキを分けるには?
 トーナメントとリーグ戦
 落語の『ときそば』
 つり銭さぎ

続きを読む "Si新書『数学的センスが身につく練習帳』
野口哲典 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『あなたはコンピュータを理解していますか?』
梅津信幸 著 概要

SIS015.jpg

10年後、20年後まで必ず役立つ根っこの部分がきっちりわかる!
『あなたはコンピュータを理解していますか?』
著者:梅津信幸(うめずのぶゆき)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:IT・PC 刊行:2007年3月 ISBN:978-4-7973-3949-9

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
梅津信幸(うめずのぶゆき)
京都大学卒業、東京大学大学院修了。理学博士。現在は茨城大学勤務。著書に『マイクロソフト・シンドローム』(オーエス出版社)、『「伝わる!」説明術』(ちくま新書)など。
>>著書/監修書一覧

<目次>
第1章 その味噌汁の塩分はいかほど?
 ~正味の情報量は意外と少ない~
 1.1 インスタント味噌汁が商品として存在可能な理由
 1.2 人間の手、ドラえもんの手、そしてコンピュータの手
 1.3 1杯の味噌汁の中に塩を求めて
 1.4 たいへん「ありがたい」お話
 1.5 言葉の塩分量を調べてみよう
 1.6 まとめ:データとは情報を入れる容器である
 Column アナログマンとデジタルマン

第2章 油田のパイプラインと伝言ゲームの連続
 ~パイプが細けりゃ、通るものも通らない~
 2.1 パイプをつなげ! はて、どうやって?
 2.2 向こう側とこちら側をつなぐもの
 2.3 限界のその向こう側
 2.4 濃縮還元な塩水の作り方
 2.5 コンピュータには何が見えているか
 2.6 まとめ:情報量はわかった、では情報とは?
 Column 魔法の塩分計測器・エントロピー

第3章 自動販売機はコンピュータ理解の始まり
 ~あるいは、自動販売機と人生ゲームのステキな関係~
 3.1 自動販売機の気持ちになって考える
 3.2 入ってきたお金を覚えよう
 3.3 他に似ているものがないか考える
 3.4 ちょっと難しく考える:抽象化のキモ
 3.5 まとめ:計算機の動きは絶えずして、しかも元の状態にあらず
 Column エントロピーのグラフ

第4章 記憶のカースト制
 ~時間と空間の近さ・遠さ~
 4-1 汝のプログラムを愛せよ
 4.2 蓄音機の針は踊る
 4.3 二兎を追うモノ
 4.4 まとめ:メモリは一列でもあり、ピラミッドでもある
 Column もう1つの局所性~「超」整理術は昔からあった?~

第5章 師宣わく「未来は常に移り変わっておる」
 ~コンピュータの限界とその先~
 5.1 チューリングの置き土産
 5.2 未来へと続く道
 5.3 未来の社会は
 5.4 まとめ:未来は常に移り変わっている
 Column アプリケーション

続きを読む "Si新書『あなたはコンピュータを理解していますか?』
梅津信幸 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『理工系の"ひらめき"を鍛える』
児玉光雄 著 概要

SIS013.jpg

右脳を鍛えて直感的に解く力を身につけよう
『理工系の"ひらめき"を鍛える』
著者:児玉光雄(こだまみつお)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:科学 刊行:2007年3月 ISBN:978-4-7973-4102-7

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
児玉光雄(こだまみつお)
1947年、兵庫県生まれ。1982年に米国オリンピック委員会スポーツ科学部門の客員スタッフとしてスポーツ科学を研究し、1982年にはスポーツソフトジャパンを設立。1999年には鹿屋体育大学助教授に就任し、右脳活性プログラムのトレーナーとして、多くの受験雑誌に右脳開発トレーニングを提供。著書には、『なぜモチベーションが上がらないのか』(ソフトバンク新書)、『脳が10歳若返る!最強右脳ドリル』(世界文化社)、『オシム 知将の教え』(東邦出版)などがある。
>>著書/監修書一覧

<目次>
序章 あなたの「ひらめき脳」はこうして鍛えよう
 いますぐあなたのアナログ脳を鍛えよう
 これからの時代のキーワードは「ブランド化」
 あなたの画像検索機能を徹底的に鍛えよう
 アナログ脳こそ高次の記憶を保有する

第1章 脳発達のメカニズムについて理解する
 脳の発達曲線について理解する
 幼児期の脳は劇的に変化する
 年齢別の脳重量について
 脳は使えば使うほど進化する
 ニューロン連絡網の発達を理解する
 反復学習によりニューロンのネットワークは強化される

第2章 脳の各領域の機能を理解する
 ヒトの脳と他の哺乳類の脳との違いについて
 大脳辺縁系の仕組みについて理解する
 大脳新皮質の4つの領域の機能について理解する
 過去に経験した体験を脳はすべて理解している
 運動野と皮膚感覚野の働きについての基礎知識
 右脳と左脳の機能の違いについて

第3章 脳の知性について考えてみよう
 ガードナーの多重知性理論について
 自分の得意技を徹底的に究めよう
 PQのゴールデントライアングルとは?
 やる気と集中力を支えている2つの神経系
 脳の認知メカニズムについて考えてみよう
 錯覚の機能を理解する
 同時に2つ以上の意識が浮かんでくることはない

第4章 脳のパワーを目一杯発揮する習慣を身につける
 毎朝同じ時間に起きれば脳はよみがえる
 腹式呼吸と瞑想禅で脳を活性化させよう
 五感開発イメ-ジトレーニングで人生に奇跡を起こそう
 脳の活性曲線について考えてみよう
 あなた特有の「ひらめきの場所」が存在する
 夢の中のひらめきを逃がさない
 消えた面積の謎を究明しよう
 アロマテラピーが脳を活性化してくれる

第5章 記憶の達人になるための最新テクニック
 記憶のメカニズムについて考えてみよう
 短期記憶と長期記憶を理解する
 記憶定着のメカニズムについて
 リハーサル効果の驚くべき威力
 驚異の睡眠前記憶法
 強制連想トレーニング
 強制想起トレーニング
 新聞で遊ぶ瞬間記憶トレーニング

第6章 これが究極の脳トレ!!
 変速クレペリンテスト
 パターン認識トレーニング
 ライン追跡トレーニング
 そろばんトレーニング
 神経衰弱トレーニング
 アルファベット消去トレーニング
 鉛筆タッチトレーニング
 残像集中トレーニング

第7章 珠玉の右脳ドリルに挑戦しよう
右脳を鍛えることは人生を成功に導くことにつながる
 初級編(10問)
 中級編(10問)
 上級編(10問)
 最上級編(10問)

続きを読む "Si新書『理工系の"ひらめき"を鍛える』
児玉光雄 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『怠け者のためのパソコンセキュリティ』
岩谷 宏 著 概要

SIS016.jpg

戦うより守るが勝ちの対策術
『怠け者のためのパソコンセキュリティ』
著者:岩谷 宏(いわたにひろし)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:IT・PC 刊行:2007年3月 ISBN:978-4-7973-4126-3

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
岩谷 宏(いわたにひろし)
1942年生まれ。著作家、翻訳家、プログラマー。おもな著書に『インターネットの大錯誤』『基礎からわかるインターネット』(筑摩書房)、『パソコンを疑う』(講談社)、『Linuxの哲学』(弊社刊)、『決定版 ひとつ上をゆく Javaの教科書』(技術評論社)、訳書に『欺術』『C++の設計と進化』(弊社刊)などがある。
>>著書/監修書一覧

<目次>
第1章 パソコンとセキュリティの関係
 第1節 なぜパソコンにはセキュリティというめんどうな課題があるのか?
  1.パソコンは汎用機である
  2.ソフトを完全には管理できない
  3.親切なOSが裏目に
  4.パソコンも事故や災害に遭う
  5.パソコンは犯罪のターゲットになりやすい
  6.情報は目に見えない
 第2節 パソコンの急所はどことどこ?
  1.食べて・消化して・出す
  2.人間は"入力"を担当する
  3.記憶装置
  4.ネットワークの考え方
 第3節 セキュリティの基本要素
  1.破壊と盗難・流出
  2.破壊への対策
  3.盗難や流出
  4.ソフトそのものの欠陥
  5.ケータイはパソコンよりも安全か?
 まとめ

第2章 突然の危機からたいせつなデータを守る
 第1節 バックアップの考え方
  1.バックアップにできること・できないこと
  2.バックアップする周期と場所
  3.バックアップ方法に対する考え方
 第2節 メールとアドレス帳のバックアップ
  1.アドレス帳
  2.メールのアカウント(口座)設定
  3.メールの本文
 第3節 そのほかの重要データのバックアップとリストア
  1."お気に入り"や"ブックマーク"
  2.ケータイのデータ
  3.データベースのバックアップ
  4.データの圧縮保存・解凍方法
 第4節 上手なバックアップ
  1.シンプルなフォルダ構造を心がける
  2.ネットワーク上の互換性
  3.バージョニング
  4.安全なリストア
 まとめ

第3章 インターネットとのつきあい方
 第1節 オープンでグローバルなネットワークとは?
  1.「オープン」の2重の意味
  2.通信の参加範囲もグローバル
  3.ネットワークはヒエラルキーを解毒する
  4.おもなインターネットアプリケーション
 第2節 インターネットの欠点
  1.インターネットの起源と構造
  2.楽観的でお人好しな基盤技術
 第3節 インターネット犯罪のカタログ
  1.悪質なプログラム
  2.ネットワーク詐欺
 第4節 インターネットハイウェイの無事故運転
  1.パスワードの管理
  2.迷惑メール対策
  3.パソコンの健康管理
 第5節 インターネットでパソコンを使うために覚えておくこと
  1.インターネットの前と後
  2.お気楽インターネット生活

続きを読む "Si新書『怠け者のためのパソコンセキュリティ』
岩谷 宏 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

Si新書『燃料電池と水素エネルギー』
槌屋治紀 著 概要

SIS017.jpg

次世代エネルギーの本命に迫る
『燃料電池と水素エネルギー』
著者:槌屋治紀(つちや はるき)
定価:945円(税込み) 色数:2色
ジャンル:工学 刊行:2007年3月 ISBN:978-4-7973-3728-0

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者プロフィール>
槌屋治紀(つちや はるき)
東京大学大学院機械工学科博士課程修了、工学博士。システム工学専攻。1979年に株式会社システム技術研究所を設立し、現在所長。著書は『エネルギー耕作型文明』(東京経済新報社)、『調べてみよう エネルギーのいま・未来』(岩波ジュニア新書)、『燃料電池』(ちくま新書)など。
>>著書/監修書一覧

<担当編集者からのメッセージ>
 燃料電池は"電池"という名前がついていますが、一般の電池のように、内部の原料の化学反応で電気を取りだすことはできませんし、まして充電池のように電気をためこむこともできません。燃料となる酸素と水素を外部から供給し続けなければ電気を生むことはできず、その点では発電機に近い存在だといえます。
 水を電気分解すると、酸素と水素が発生します。燃料電池はちょうどこれの逆の反応を用いて、酸素と水素から電気と水を作ります。酸素は大気の20%を占めるものなので、どこにでもあるといえます。すると問題となるのは、水素をどのようにして供給するか、という点です。石油などの化石燃料の枯渇を前提に、その代替エネルギーとして注目される水素、燃料電池なのですから、水素を作るために化石燃料を消費することはできません。
 おそらく太陽光発電などから水素を確保する方策が考えられると思いますが、現在のエネルギー消費量を電力で肩代わりさせようとすると、インフラを含めて大改革が必要となるでしょう。
 本書では、燃料電池がどのように開発されてきたか、その歴史的な経緯を含めて解説しています。すでに世界の自動車メーカーは、電気自動車やハイブリッド車のほかに燃料電池車も開発しており、実際に稼働しているものもあります。家庭用の冷暖房システムとしても燃料電池の利用は現実的になっています。残る課題は、一般の人でも購入できる価格帯になるのかという点と、それをサポートする社会的なシステムの整備がどうなるかという点です。
 本書では、これらの課題について大胆な試算を行い、燃料電池と水素エネルギー社会の実現可能性について言及しています。燃料電池の基礎から、これからの展望までを本書から学び取っていただければと思います。

<目次>
第1章 燃料電池とは何か
 近ごろ話題の「燃料電池」とは何だろう
 燃料電池の仕組みを調べる
 偶然の発見
 燃料電池の試作
 効率の高い発電技術
 燃料電池の種類
 燃料電池の構成部品
 固体高分子形燃料電池の応用
 コラム●電気うなぎ

第2章 石油の時代から新エネルギーへ
 エネルギー問題が浮上する21世紀
 キング・ハバートの針
 米国のサウジアラビア産石油への傾斜
 地球温暖化「プラス0.6℃」の意味
 新エネルギーは高効率化技術が基本
 自然エネルギーはエネルギー密度が小さすぎる?
 新エネルギーの研究開発
 新エネルギーを推進するグリーン電力とRPS法
 水素エネルギーとはどういうものか
 エネルギーを運ぶ方法
 エネルギーのうちの水素の割合

第3章 地球は熱くなる
 シュワルツェネッガー知事の翻意
 何もしないツケは重い スターン・レビューの衝撃
 キーリング博士の二酸化炭素濃度測定
 地球温暖化の傾向
 日本における地球温暖化の影響
 生物への影響
 地球温暖化に対する対策
 ゴア元副大統領の「不都合な真実」
 各国の温暖化対策
 日本政府の対策
 排出権取引とは何か
 二酸化炭素を固定化する技術

第4章 燃料電池のブレイクスルー
 アポロ計画と燃料電池
 バラード社が生み出した画期的な小型化技術
 ダイムラークライスラーの燃料電池車
 GM(ゼネラルモーターズ)の燃料電池車
 トヨタの燃料電池車
 ホンダの燃料電池車
 日産の燃料電池車
 バラード社の燃料電池の最近の発展
 自動車技術の比較
 自動車の走行エネルギー
 電気自動車
 ハイブリッドカー
 プラグイン・ハイブリッド
 ソーラーアシスト・カー
 燃料電池を利用する
 コラム●熱機関と燃料電池
 コラム●自動車の走行時の方程式
 コラム●水素か電気かという論争

第5章 技術革新とコストダウンの未来予測
 新製品の普及を示すロジスティック曲線
 新製品が普及するための5つの条件
 コスト低下を学習曲線で考える
 学習曲線の原理とは
 太陽電池の例を見ると
 燃料電池への適用
 固定高分子形燃料電池の量産コスト
 学習曲線による燃料電池車のコストの計算
 水素貯蔵の3つの方法
 電気と熱を利用する住宅用燃料電池
 二酸化炭素の排出量の論争
 熱を利用する技術
 コージェネレーションの学習曲線によるコスト分析
 水素をどこから確保するのか
 水素インフラを整備するコスト
 日本における分析
 工場副生ガスから水素を得る
 コラム●エネルギーの単位について
 コラム●ヒートポンプとは
 コラム●可逆セル

第6章 水素エネルギー社会の到来
 水素エネルギー社会の規模
 エネルギー狩猟型から耕作型文明へ
 10人の奴隷がいる

続きを読む "Si新書『燃料電池と水素エネルギー』
槌屋治紀 著 概要" »

前のアーカイブ|2007年1月
次のアーカイブ|2007年4月

電子書籍を購入する

サイエンス・アイ新書の電子書籍版を探している人はこちらへ

イチバンやさしい理工系既刊一覧

SBE022s.jpg SBE021s.jpg

SBE020s.jpg SBE019s.jpg

SBE018s.jpg SBE017s.jpg

SBE016s.jpg SBE015s.jpg

sbe014s.jpg sbe013s.jpg

sbe012s.jpg sbe011s.jpg

sbe010s.jpg sbe009s.jpg

sbe008s.jpg sbe007s.jpg

sbe006s.png sbe005s.jpg

sbe004s.jpg sbe003s.jpg

sbe002s.jpg sbe001s.jpg

Siピクチャーブック既刊一覧

■Siピクチャーブック

SPB004s.jpg SPB003s.jpg

SPB002s.jpg SPB001s.jpg

SiBOOK既刊一覧

sib005s.jpg

sib004s.jpg sib003s.jpg

sib002s.jpg sib001s.jpg

科学書籍既刊一覧

GRAVITYs.jpg EARTH01s.jpg

BIRD01s.jpg GCGNs.jpg

4percents.jpg fabres.jpg

dinosauruss.jpg evolutions.jpg

sit001.jpg

著者・監修者から探す

Si新書既刊001~100

sis100s.jpg sis099s.jpg

sis098s.jpg sis097s.jpg

sis096s.jpg sis095s.jpg

sis094s.jpg sis093s.jpg

sis092s.jpg sis091s.jpg

sis090s.jpg sis089s.jpg

sis088s.jpg sis087s.jpg

sis086s.jpg sis085s.jpg

sis084s.jpg sis083s.jpg

sis081s.jpg sis080s.jpg

sis082s.jpg sis079s.jpg

sis077s.jpg sis076s.jpg

sis075s.jpg sis074s.jpg

sis073s.jpg sis071s.jpg

sis070s.jpg sis069s.jpg

sis068s.jpg sis067s.jpg

sis066s.jpg sis065s.jpg

sis064s.jpg sis063s.jpg

sis062s.jpg sis061s.jpg

sis060s.jpg sis059s.jpg

sis058s.jpg sis056s.jpg

sis052s.jpg sis051s.jpg

sis049s.jpg sis047s.jpg

sis045s.jpg sis043s.jpg

sis041s.jpg sis038s.jpg

sis036s.jpg sis035s.jpg

sis034s.jpg sis032s.jpg

sis030s.jpg sis028s.jpg

sis025s.jpg sis024s.jpg

sis023s.jpg sis021s.jpg

sis015s.jpg sis008s.jpg

sis007s.jpg sis006s.jpg

sis002s.jpg sis001s.jpg