sciencei.jpg

2017年2月~3月新刊

2017年3月新刊
■サイエンス・アイ新書

 

予測の技術

IoTを支える技術

知っているようで知らない鳥の話

2017年2月新刊
■サイエンス・アイ新書

 

Si新書既刊301~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Si新書既刊201~300

SIS297s.jpg SIS298s.jpg

SIS297s.jpg SIS298s.jpg

SIS295s.jpg SIS296s.jpg

SIS293s.jpg SIS294s.jpg

SIS291s.jpg SIS292s.jpg

SIS289s.jpg SIS290s.jpg

SIS287s.jpg SIS288s.jpg

SIS285s.jpg SIS286s.jpg

SIS283s.jpg SIS284s.jpg

SIS281s.jpg SIS282s.jpg

SIS280s.jpg SIS279s.jpg

SIS278s.jpg SIS277s.jpg

SIS276s.jpg SIS275s.jpg

SIS274s.jpg SIS273s.jpg

SIS272s.jpg SIS271s.jpg

SIS270s.jpg SIS269s.jpg

SIS268s.jpg SIS267s.jpg

SIS266s.jpg SIS265s.jpg

SIS264s.jpg SIS263s.jpg

SIS262s.jpg SIS261s.jpg

SIS260s.jpg SIS259s.jpg

SIS258s.jpg SIS257s.jpg

SIS256s.jpg SIS255s.jpg

SIS254s.jpg SIS253s.jpg

SIS252s.jpg SIS251s.jpg

SIS250s.jpg SIS249s.jpg

SIS248s.jpg SIS247s.jpg

SIS246s.jpg SIS245s.jpg

SIS244s.jpg SIS243s.jpg

SIS242s.jpg SIS241s.jpg

SIS240s.jpg SIS239s.jpg

SIS238s.jpg SIS237s.jpg

SIS236s.jpg SIS235s.jpg

SIS234s.jpg SIS233s.jpg

SIS232s.jpg SIS231s.jpg

SIS230s.jpg SIS229s.jpg

SIS228s.jpg SIS227s.jpg

SIS226s.jpg SIS225s.jpg

SIS224s.jpg SIS223s.jpg

SIS222s.jpg SIS221s.jpg

SIS220s.jpg SIS219s.jpg

SIS218s.jpg SIS217s.jpg

SIS216s.jpg SIS215s.jpg

SIS214s.jpg SIS213s.jpg

SIS212s.jpg sis211s.jpg

SIS210s.jpg sis209s.jpg

sis208s.jpg sis207s.jpg

sis206s.jpg sis205s.jpg

sis204s.jpg sis203s.jpg

sis202s.jpg sis201s.jpg

Si新書既刊101~200

sis200s.jpg sis199s.jpg

sis198s.jpg sis197s.jpg

sis196s.jpg sis195s.jpg

sis194s.jpg sis193s.jpg

sis192s.jpg sis191s.jpg

sis190s.jpg sis189s.jpg

sis188s.jpg sis187s.jpg

sis186s.jpg sis185s.jpg

sis184s.jpg sis183s.jpg

sis182s.jpg sis181s.jpg

sis180s.jpg sis179s.jpg

sis178s.jpg sis177s.jpg

sis176s.jpg sis175s.jpg

sis174s.jpg sis173s.jpg

sis172s.jpg sis171s.jpg

sis170s.jpg sis169s.jpg

sis168s.jpg sis167s.jpg

sis166s.jpg sis165s.jpg

sis164s.jpg sis163s.jpg

sis162s.jpg sis161s.jpg

sis160s.jpg sis159s.jpg

sis158s.jpg sis157s.jpg

sis156s.jpg sis155s.jpg

sis154s.jpg sis153s.jpg

sis152s.jpg sis151s.jpg

sis150s.jpg sis149s.jpg

sis148s.jpg sis147s.jpg

sis146s.jpg sis145s.jpg

sis144s.jpg sis143s.jpg

sis142s.jpg sis141s.jpg

sis140s.jpg sis139s.jpg

sis138s.jpg sis137s.jpg

sis136s.jpg sis135s.jpg

sis134s.jpg sis133s.jpg

sis132s.jpg sis131s.jpg

sis130s.jpg sis129s.jpg

sis128s.jpg sis127s.jpg

sis126s.jpg sis125s.jpg

sis124s.jpg sis123s.jpg

sis122s.jpg sis121s.jpg

sis0120s.jpg sis0119s.jpg

sis0118s.jpg sis0117s.jpg

sis0116s.jpg sis0115s.jpg

sis114s.jpg sis113s.jpg

sis112s.jpg sis111s.jpg

sis110s.jpg sis109s.jpg

sis108s.jpg sis107s.jpg

sis106s.jpg sis105s.jpg

sis104s.jpg sis103s.jpg

sis102s.jpg sis101s.jpg

Si新書『ロケットの科学』概要
谷合 稔

 人類がつくりだしたもっとも強力な乗り物、ロケット。その開発には国家の威信がかかり、膨大な金額の予算がつぎこまれる。私たちの生活に深く入りこんでいる宇宙からの情報は、人工衛星を運んだロケットが支えているのだ。何百トンもの重量のロケットを弾丸よりも早く、正確に、しかも安価に飛ばすために、技術のかぎりを尽くした競争がいまも繰り広げられている。

SIS277.jpg

日本が誇るH-ⅡAからソユーズ、アリアン、長征など世界のロケットを完全網羅
『ロケットの科学』
著者:谷合 稔(たにあい みのる)
価格:1100円+税 色数:オールカラー
ジャンル:宇宙 刊行:2013年4月 ISBN:978-4-7973-5587-1

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者>
谷合 稔(たにあい みのる)
1953年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、グラフィックデザインの世界に入り、エディトリアルデザイナーとして長年雑誌の誌面づくりや本づくりに携わってきた。その一方で、科学系の雑誌や書籍を読みふけることをこよなく愛し続けてきた。最近ではその科学好きが高じて科学をわかりやすく解説する本の執筆にも強い関心をもっている。これまでに、『宇宙のすべてがわかる本』(渡部潤一監修、共著、ナツメ社)と『「地球科学」入門』(ソフトバンク クリエイティブ)『天気と気象がわかる! 83の疑問』(同 サイエンスアイ新書)がある。
>>著書/監修書一覧

SIS277sample1.jpg

<目次>
第1章 ロケットの仕組み
 ロケットの飛ぶ原理
 ふくらませた風船が飛んでいくのと同じ仕組みで飛んでいく
 2種類のロケット
 安上がりな固体燃料ロケットと強力な液体燃料ロケット
 ロケットの性能を決める4つの指標
 推力、質量比、燃料比、比推力を見ればロケットの実力がわかる
 ロケットの構造と設計
 徹底した軽量化の追求と不要なものを捨てる多段式ロケット
 ロケットの制御と誘導
 ロケットを目的の場所へ届ける制御と誘導の技術

第2章 日本のロケット
 1 ペンシルロケット
  日本のロケット開発をスタートさせた全長23cmの極小ロケット
 2 ベビーロケット
  ペンシルロケットに次ぐ第2弾手づくり小型実験ロケット
 3 カッパロケット
  「国際地球観測年」参加を目指し、必死にたどり着いた高度40km
 4 ラムダロケット
  人工衛星「おおすみ」を打ち上げた日本は世界で4番目の衛星打ち上げ国となった
 5 ミューロケット
  糸川の夢が結実した高度10000kmに達するロケット誕生
 6 M-V(ミュー・ファイブ)
  日本の固体燃料ロケット技術が到達した世界最高峰のロケット
 7 イプシロン
  日本の固体燃料ロケットのDNAを引き継ぐ期待のロケット開発中
 8 N-Ⅰ(エヌイチ)
  日本が初めて挑んだ液体燃料ロケットは結局アメリカの技術を取り入れた
 9 N-Ⅱ(エヌツー)
  打ち上げ技術を習得するために懸命にアメリカの技術を吸収
 10 H-Ⅰ(エイチワン)
  国産化率の向上を目指し、まずは2段目ロケットの国産化に成功
 11 H-Ⅱ(エイチツー)
  念願の全段国産化ロケットが誕生しロケット打ち上げの国際市場へ
 12 H-ⅡA(エイチツーエー) 
  ついに完成した国際競争力のある大型ロケット
 13 H-ⅡB(エイチツービー)
  ISSへの輸送船HTVを打ち上げるために開発された日本最大の大型ロケット
 14 CAMUI
  北海道の民間の努力が結集した小型ハイブリッドロケット

第3章 世界のロケット
 15 V2ロケット
  史上初のロケットは第二次世界大戦末期に戦争の兵器として登場した
 16 レッドストーン(PGM-11)
  V2をもとにフォン・ブラウンが誕生させたアメリカ初の弾道ミサイル
 17 ジュピターC
  ミサイル兵器としての性能を高めるためにレッドストーンを改良しテストした
 18 ジュノーⅠ・Ⅱ
  軍事兵器であるミサイルを人工衛星運搬機器に利用したロケット
 19 アトラス
  アメリカ初となる有人宇宙開発を成功させたタイタンと並ぶICBM流用ロケット
 20 アトラスⅠ・Ⅱ・Ⅲ
  セントールロケットと組み合わせることで世界有数の実績を誇るロケットに
 21 アトラスⅤ
  アトラスシリーズ最強のロケットは惑星探査に不可欠のすぐれもの
 22 タイタンⅠ・Ⅱ
  アトラスと並んでICBMとして開発された大型ミサイル
 23 タイタンⅡGLV・23G
  ミサイルだったタイタンを人工衛星打ち上げ用ロケットに改良
 24 タイタンⅢ
  3段式に改良したことによりさまざまなバリエーションがつくられたロケット
 25 タイタンⅣ
  スペースシャトル退役後の大型衛星打ち上げ用ロケット
 26 デルタ
  アトラス、タイタンと並んで御三家と呼ばれる中型衛星打ち上げ用長寿命機
 27 デルタⅡ・Ⅲ
  NASAがもっとも多く打ち上げた信頼性抜群のロケット
 28 デルタⅣ
  スペースシャトルなきあとの大型人工衛星の打ち上げで活躍する
 29 サターンⅠ
  月へ人類を送るためにフォン・ブラウンが開発した大型ロケット
 30 サターンⅠB
  サターンⅠを大幅にパワーアップさせたアポロ計画のカギを握るロケット
 31 サターンV
  人類を初めて月へ送ったフォン・ブラウン執念の史上最大の巨大ロケット
 32 スペースシャトル
  宇宙を身近にした翼のある宇宙船は当初の見込みよりもはるかに金食い虫だった
 33 アレスⅠ・Ⅴ
  アメリカの宇宙開発をリードするはずだった幻のロケット開発
 34 ペガサス 
  宇宙に近いところから打ち上げようと航空機に搭載された空中発射用ロケット
 35 スペースシップワン・ツー
  これからのアメリカの宇宙開発をリードする民間の力
 36 ファルコン1
  アメリカンドリームを体現する経営者がさらなる夢を実現するために開発したロケット
 37 ファルコン9
  ロケット打ち上げ市場へ打ってでたスペースX社自信の中型ロケット
 38 ファルコンヘビー
  イーロン・マスクの野望は月や火星へ向かう大型ロケット開発を目指す
 39 R-7(スプートニク・ボストーク・ボスホート) 
  宇宙開発におけるロシアの優位性をはっきりと示した名ロケット
 40 ソユーズ
  世界でもっとも安全で信頼性の高い現役最古参のロケット
 41 コスモス
  ソユーズと並んで長寿命のロケットは700回を超える打ち上げ実績を誇る
 42 モルニヤ
  ロシア独特のモルニヤ軌道へ通信衛星を打ち上げるR-7改良型ロケット
 43 プロトン
  宇宙ステーション建設などでソユーズと並んで活躍する主力ロケット
 44 N-1
  アポロ計画に対抗してロシアの有人月探査計画のために開発された
 45 エネルギア
  ロシア版スペースシャトルブラン打ち上げ用の大型ロケット
 46 ロコット
  民間企業が不要となったミサイルをロケットに転用し商業利用する
 47 スタールト1
  兵器削減条約が生んだ小型衛星打ち上げ用ロケット
 48 アンガラ
  独自の宇宙開発を行うためにこれからのロシア宇宙開発を担う大型ロケット
 49 ゼニット
  ロシアの陰に隠れていたウクライナが世界に誇る安価で高信頼性のロケット
 50 ツィクロン
  すぐれた小型衛星打ち上げ能力を引き継いでウクライナが国際市場へ進出
 51 ドニエプル
  西側諸国を震撼させたICBMを母体とするウクライナ独自開発のロケット
 52 ディアマン
  フランスを世界第3位の人工衛星打ち上げ国にしたロケット
 53 ブラック・アロー
  独自の打ち上げに成功したイギリスはその後、ロケット開発から手を引いた
 54 アリアン
  欧州のロケット打ち上げ技術の評価を高めた初期型ロケットシリーズ
 55 アリアン5
  十分な打ち上げ実績と信頼性に裏打ちされた欧州が誇る大型ロケット
 56 ヴェガ
  ESAが小型衛星打ち上げ市場に送りだした4段式新開発ロケット
 57 長征
  宇宙開発先進国になりつつある中国の宇宙開発を支える大型ロケット
 58 開拓者
  衛星破壊兵器とも疑われた謎の多い小型衛星打ち上げ用ロケット
 59 SLV・ASLV
  着実に宇宙開発を進めるインドがその地歩を固めた小型衛星打ち上げ用ロケット
 60 PSLV
  中規模衛星の打ち上げではみごとな実績を誇るすぐれたロケット
 61 GSLV 
  インドを宇宙開発先進国に押し上げる可能性を秘めた大型ロケット

 世界のおもなロケット発射場/宇宙センター
 ロケットの高さ比較/宇宙開発予算比較
 世界の宇宙機関

<ページサンプル>
SIS277sample2.jpg

SIS277sample3.jpg

SIS277sample4.jpg


前の記事|Si新書『楽器の科学』概要柳田益造 編
次の記事|Si新書『武術の科学』概要吉福康郎 著

電子書籍を購入する

サイエンス・アイ新書の電子書籍版を探している人はこちらへ

イチバンやさしい理工系既刊一覧

SBE022s.jpg SBE021s.jpg

SBE020s.jpg SBE019s.jpg

SBE018s.jpg SBE017s.jpg

SBE016s.jpg SBE015s.jpg

sbe014s.jpg sbe013s.jpg

sbe012s.jpg sbe011s.jpg

sbe010s.jpg sbe009s.jpg

sbe008s.jpg sbe007s.jpg

sbe006s.png sbe005s.jpg

sbe004s.jpg sbe003s.jpg

sbe002s.jpg sbe001s.jpg

Siピクチャーブック既刊一覧

■Siピクチャーブック

SPB004s.jpg SPB003s.jpg

SPB002s.jpg SPB001s.jpg

SiBOOK既刊一覧

sib005s.jpg

sib004s.jpg sib003s.jpg

sib002s.jpg sib001s.jpg

科学書籍既刊一覧

GRAVITYs.jpg EARTH01s.jpg

BIRD01s.jpg GCGNs.jpg

4percents.jpg fabres.jpg

dinosauruss.jpg evolutions.jpg

sit001.jpg

著者・監修者から探す

Si新書既刊001~100

sis100s.jpg sis099s.jpg

sis098s.jpg sis097s.jpg

sis096s.jpg sis095s.jpg

sis094s.jpg sis093s.jpg

sis092s.jpg sis091s.jpg

sis090s.jpg sis089s.jpg

sis088s.jpg sis087s.jpg

sis086s.jpg sis085s.jpg

sis084s.jpg sis083s.jpg

sis081s.jpg sis080s.jpg

sis082s.jpg sis079s.jpg

sis077s.jpg sis076s.jpg

sis075s.jpg sis074s.jpg

sis073s.jpg sis071s.jpg

sis070s.jpg sis069s.jpg

sis068s.jpg sis067s.jpg

sis066s.jpg sis065s.jpg

sis064s.jpg sis063s.jpg

sis062s.jpg sis061s.jpg

sis060s.jpg sis059s.jpg

sis058s.jpg sis056s.jpg

sis052s.jpg sis051s.jpg

sis049s.jpg sis047s.jpg

sis045s.jpg sis043s.jpg

sis041s.jpg sis038s.jpg

sis036s.jpg sis035s.jpg

sis034s.jpg sis032s.jpg

sis030s.jpg sis028s.jpg

sis025s.jpg sis024s.jpg

sis023s.jpg sis021s.jpg

sis015s.jpg sis008s.jpg

sis007s.jpg sis006s.jpg

sis002s.jpg sis001s.jpg