sciencei.jpg

2017年2月~3月新刊

2017年3月新刊
■サイエンス・アイ新書

 

予測の技術

IoTを支える技術

知っているようで知らない鳥の話

2017年2月新刊
■サイエンス・アイ新書

 

Si新書既刊301~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Si新書既刊201~300

SIS297s.jpg SIS298s.jpg

SIS297s.jpg SIS298s.jpg

SIS295s.jpg SIS296s.jpg

SIS293s.jpg SIS294s.jpg

SIS291s.jpg SIS292s.jpg

SIS289s.jpg SIS290s.jpg

SIS287s.jpg SIS288s.jpg

SIS285s.jpg SIS286s.jpg

SIS283s.jpg SIS284s.jpg

SIS281s.jpg SIS282s.jpg

SIS280s.jpg SIS279s.jpg

SIS278s.jpg SIS277s.jpg

SIS276s.jpg SIS275s.jpg

SIS274s.jpg SIS273s.jpg

SIS272s.jpg SIS271s.jpg

SIS270s.jpg SIS269s.jpg

SIS268s.jpg SIS267s.jpg

SIS266s.jpg SIS265s.jpg

SIS264s.jpg SIS263s.jpg

SIS262s.jpg SIS261s.jpg

SIS260s.jpg SIS259s.jpg

SIS258s.jpg SIS257s.jpg

SIS256s.jpg SIS255s.jpg

SIS254s.jpg SIS253s.jpg

SIS252s.jpg SIS251s.jpg

SIS250s.jpg SIS249s.jpg

SIS248s.jpg SIS247s.jpg

SIS246s.jpg SIS245s.jpg

SIS244s.jpg SIS243s.jpg

SIS242s.jpg SIS241s.jpg

SIS240s.jpg SIS239s.jpg

SIS238s.jpg SIS237s.jpg

SIS236s.jpg SIS235s.jpg

SIS234s.jpg SIS233s.jpg

SIS232s.jpg SIS231s.jpg

SIS230s.jpg SIS229s.jpg

SIS228s.jpg SIS227s.jpg

SIS226s.jpg SIS225s.jpg

SIS224s.jpg SIS223s.jpg

SIS222s.jpg SIS221s.jpg

SIS220s.jpg SIS219s.jpg

SIS218s.jpg SIS217s.jpg

SIS216s.jpg SIS215s.jpg

SIS214s.jpg SIS213s.jpg

SIS212s.jpg sis211s.jpg

SIS210s.jpg sis209s.jpg

sis208s.jpg sis207s.jpg

sis206s.jpg sis205s.jpg

sis204s.jpg sis203s.jpg

sis202s.jpg sis201s.jpg

Si新書既刊101~200

sis200s.jpg sis199s.jpg

sis198s.jpg sis197s.jpg

sis196s.jpg sis195s.jpg

sis194s.jpg sis193s.jpg

sis192s.jpg sis191s.jpg

sis190s.jpg sis189s.jpg

sis188s.jpg sis187s.jpg

sis186s.jpg sis185s.jpg

sis184s.jpg sis183s.jpg

sis182s.jpg sis181s.jpg

sis180s.jpg sis179s.jpg

sis178s.jpg sis177s.jpg

sis176s.jpg sis175s.jpg

sis174s.jpg sis173s.jpg

sis172s.jpg sis171s.jpg

sis170s.jpg sis169s.jpg

sis168s.jpg sis167s.jpg

sis166s.jpg sis165s.jpg

sis164s.jpg sis163s.jpg

sis162s.jpg sis161s.jpg

sis160s.jpg sis159s.jpg

sis158s.jpg sis157s.jpg

sis156s.jpg sis155s.jpg

sis154s.jpg sis153s.jpg

sis152s.jpg sis151s.jpg

sis150s.jpg sis149s.jpg

sis148s.jpg sis147s.jpg

sis146s.jpg sis145s.jpg

sis144s.jpg sis143s.jpg

sis142s.jpg sis141s.jpg

sis140s.jpg sis139s.jpg

sis138s.jpg sis137s.jpg

sis136s.jpg sis135s.jpg

sis134s.jpg sis133s.jpg

sis132s.jpg sis131s.jpg

sis130s.jpg sis129s.jpg

sis128s.jpg sis127s.jpg

sis126s.jpg sis125s.jpg

sis124s.jpg sis123s.jpg

sis122s.jpg sis121s.jpg

sis0120s.jpg sis0119s.jpg

sis0118s.jpg sis0117s.jpg

sis0116s.jpg sis0115s.jpg

sis114s.jpg sis113s.jpg

sis112s.jpg sis111s.jpg

sis110s.jpg sis109s.jpg

sis108s.jpg sis107s.jpg

sis106s.jpg sis105s.jpg

sis104s.jpg sis103s.jpg

sis102s.jpg sis101s.jpg

Si新書『図解でかんたんアルゴリズム』概要
杉浦 賢

 プログラムにとってアルゴリズムは、屋台骨となるデータの処理手順を記述するものです。この世にプログラムがあるかぎり、アルゴリズムの改良が続けられます。本書は、アルゴリズムの基礎知識を厳選し、可能なかぎりやさしくまとめました。読むだけで、かならずアルゴリズムのおもしろさに気づいていただけるでしょう。

SIS264.jpg

情報処理のかなめとなる考え方が手に取るようにわかる!
『図解でかんたんアルゴリズム』
著者:杉浦 賢(すぎうら けん)
価格:952円+税 色数:オールカラー
ジャンル:IT・PC 刊行:2012年12月 ISBN:978-4-7973-7093-5

■ご購入はこちら
アマゾン  楽天ブックス

<著者>
杉浦 賢(すぎうら けん)\
ソフトハウスにてマイコン関連の制御プログラムの開発を担当したのち、現在は独立し、おもにC、C++、C#、VB.NET言語を利用して、Windows OS向けのオープン系ソフトウェアの開発に従事している。また、ソフトウェア会社の新人研修、コンピュータ専門学校の非常勤講師、および雑誌『合格情報処理』(学習研究社)の講座を連載するなど、情報処理教育関連の業務の経験もある。著書には『「アルゴリズム」のキホン』(ソフトバンク クリエイティブ)、『図解でわかるアルゴリズムの基本としくみ』(秀和システム)、『3ステップでしっかり学ぶC#入門』(技術評論社)などがある。
>>著書/監修書一覧

SIS264sample1.jpg

<目次>
第1章 アルゴリズムってどんなもの?
 1-01 アルゴリズムは意外と身近にある
 1-02 アルゴリズムは人類の知恵の結晶
 1-03 アルゴリズムを知ることでゲームに強くなる?
 1-04 アルゴリズムに必要な条件は2つ
 1-05 特に知っておきたい重要なアルゴリズム
 コラム アルゴリズムの基礎となる構造化プログラミングの考え方

第2章 変数と配列
 2-01 「データ」はさまざまな情報のことである
 2-02 データには型がある
 2-03 もっとも単純なデータは「値」である
 2-04 値を入れておく箱を「変数」と呼ぶ
 2-05 アルゴリズムの記述には「変数」が不可欠
 2-06 「代入」とは変数にデータを入れること
 2-07 「変数」には1つひとつ別々の名前がつく
 2-08 変数名は、扱うデータの内容がわかるようにつける
 2-09 変数に値を代入する機能をもつ代入文
 2-10 変数に格納された値を別の変数に代入する
 2-11 変数にもデータ型がある
 2-12 同じデータ型の大量の値を扱う「配列」
 2-13 配列は「配列名」という名前で識別される
 2-14 配列の要素は「添え字」で管理される
 2-15 「配列」はどのようなときに利用するのか
 2-16 「配列」はロッカーのようなもの
 2-17 「2次元配列」はホテルの客室のようなものである
 2-18 2次元配列の各要素は2つの添え字により識別される
 2-19 文字列は文字の連続(配列)で表す
 2-20 文字列の長さを扱うための2つの方法
 コラム 慣用的に使用される変数名

第3章 データ構造
 3-01 大量のデータを効率よく扱うために
 3-02 よく利用されるデータ構造は?
 3-03 「スタック」は机の上に本を積み上げるようなデータ構造
 3-04 「キュー」はレジの順番待ちのデータ構造
 3-05 「リスト」はひもでつながっているデータ構造
 3-06 次のデータしかたどれないのが単方向リスト
 3-07 前のデータも次のデータもたどれるのが双方向リスト
 3-08 N番目のデータをすばやく見つけられるのが「配列」
 3-09 データの挿入・削除をすばやく行えるのが「リスト」
 3-10 時計のように回って元に戻るのが「リングバッファ」
 3-11 木の幹と枝、葉の関係のようにデータを管理する「ツリー」
 3-12 親1人、子ども2人の構造をしているのが「二分木」
 3-13 ひと筆描きのようにノードとエッジで構成される構造が「グラフ」
 コラム なぜ、配列の先頭要素の添え字は0だったり1だったりするの?

第4章 アルゴリズムの基本を学ぼう
 4-01 繰り返し処理がアルゴリズムの基礎
 4-02 1~Nの整数値の合計を求めてみよう
 4-03 配列を使うと大量のデータを効率よく扱うことができる
 4-04 1年間の総売上を求めてみよう
 4-05 クラス全員のテストの合計点と平均値を求めてみよう
 4-06 最高得点を求めてみよう
 4-07 最低得点を求めてみよう
 4-08 テストの点数に順位をつけよう
 4-09 クラス全員の教科別テストの合計点を求めてみよう
 4-10 「時分秒」形式の時刻の差を求めてみよう
 4-11 2つの変数の値を入れ替えるにはひと工夫が必要
 4-12 2つの数値の最大公約数を求めてみよう
 コラム 2000年問題よりも影響が大きい2038年問題

第5章 並べ替えのアルゴリズム
 5-01 並べ替え(ソート)は複数のデータを順番どおりに並べ替える
 5-02 ソートアルゴリズムのあれこれ
 5-03 バケツを使ってデータを並べ替える「バケットソート」
 5-04 いちばん小さい(大きい)値を探して取りだして並べる「単純選択法」
 5-05 泡が上がるように隣り合ったデータを交換する「単純交換法」
 5-06 ソート済みデータ列の正しい位置に挿入する「単純挿入法」
 5-07 ソート済みの複数のデータ列を合体させるのが「マージ(併合)」
 5-08 マージの考え方を利用して並べ替えを行うのが「マージソート」
 5-09 並べ替えの効率を上げる工夫をした「シェルソート」
 5-10 最高速の並べ替えを行える「クイックソート」
 コラム 2のn乗の値を暗記しよう

第6章 探索のアルゴリズム
 6-01 探索(サーチ)とはデータ列の中から目的のデータを探しだすこと
 6-02 先頭からしらみつぶしに調べる「線形探索(リニアサーチ)」
 6-03 高速にデータを探しだせる「二分探索(バイナリサーチ)」
 6-04 ハッシュテーブルで効率のよい探索を実現する
 6-05 文字列の中の部分文字列を探す「文字列探索」
 6-06 効率的な文字列探索を行うKMP法
 6-07 末尾から先頭へ向かって文字比較を行うBM法
 コラム リレーショナルデータベースの利用によるソートや探索

第7章 そのほかのアルゴリズム
 7-01 ニュートン法で高次方程式の解を求める
 7-02 ガウスの消去法で連立方程式の解を求める
 7-03 台形の面積の和で定積分の値を求める台形法
 7-04 素数を求める「エラトステネスのふるい」
 7-05 処理の中で自分自身を利用する再帰呼びだし
 コラム アルゴリズムとフローチャート(流れ図)

第8章 アルゴリズムとコンピュータ
 8-01 コンピュータのデータは2進数で表現される
 8-02 2進数を見やすくする(8進数、16進数表現)
 8-03 2進数から10進数への変換
 8-04 10進数から2進数への変換
 8-05 2進数で負の整数を扱えるようにする
 8-06 どちらか一方が「1」なら「1」となる論理和
 8-07 両方が「1」なら「1」となる論理積
 8-08 「1」と「0」なら「1」となる排他的論理和
 8-09 否定は「0」を「1」に、「1」を「0」にする
 8-10 ド・モルガンの法則を使うと否定の論理を整理できる

<ページサンプル>
SIS264sample2.jpg

SIS264sample3.jpg

SIS264sample4.jpg


前の記事|Si新書『楽しく学ぶ数学の基礎-図形分野-<下:体力増強編>』概要星田直彦 著
次の記事|Si新書『論理的に読む技術』概要福澤一吉 著

電子書籍を購入する

サイエンス・アイ新書の電子書籍版を探している人はこちらへ

イチバンやさしい理工系既刊一覧

SBE022s.jpg SBE021s.jpg

SBE020s.jpg SBE019s.jpg

SBE018s.jpg SBE017s.jpg

SBE016s.jpg SBE015s.jpg

sbe014s.jpg sbe013s.jpg

sbe012s.jpg sbe011s.jpg

sbe010s.jpg sbe009s.jpg

sbe008s.jpg sbe007s.jpg

sbe006s.png sbe005s.jpg

sbe004s.jpg sbe003s.jpg

sbe002s.jpg sbe001s.jpg

Siピクチャーブック既刊一覧

■Siピクチャーブック

SPB004s.jpg SPB003s.jpg

SPB002s.jpg SPB001s.jpg

SiBOOK既刊一覧

sib005s.jpg

sib004s.jpg sib003s.jpg

sib002s.jpg sib001s.jpg

科学書籍既刊一覧

GRAVITYs.jpg EARTH01s.jpg

BIRD01s.jpg GCGNs.jpg

4percents.jpg fabres.jpg

dinosauruss.jpg evolutions.jpg

sit001.jpg

著者・監修者から探す

Si新書既刊001~100

sis100s.jpg sis099s.jpg

sis098s.jpg sis097s.jpg

sis096s.jpg sis095s.jpg

sis094s.jpg sis093s.jpg

sis092s.jpg sis091s.jpg

sis090s.jpg sis089s.jpg

sis088s.jpg sis087s.jpg

sis086s.jpg sis085s.jpg

sis084s.jpg sis083s.jpg

sis081s.jpg sis080s.jpg

sis082s.jpg sis079s.jpg

sis077s.jpg sis076s.jpg

sis075s.jpg sis074s.jpg

sis073s.jpg sis071s.jpg

sis070s.jpg sis069s.jpg

sis068s.jpg sis067s.jpg

sis066s.jpg sis065s.jpg

sis064s.jpg sis063s.jpg

sis062s.jpg sis061s.jpg

sis060s.jpg sis059s.jpg

sis058s.jpg sis056s.jpg

sis052s.jpg sis051s.jpg

sis049s.jpg sis047s.jpg

sis045s.jpg sis043s.jpg

sis041s.jpg sis038s.jpg

sis036s.jpg sis035s.jpg

sis034s.jpg sis032s.jpg

sis030s.jpg sis028s.jpg

sis025s.jpg sis024s.jpg

sis023s.jpg sis021s.jpg

sis015s.jpg sis008s.jpg

sis007s.jpg sis006s.jpg

sis002s.jpg sis001s.jpg